モチベーションを高めて、やる気スイッチを押す秘密

abc

こんにちは、牧野直子です。

 

モチベーションを高めて、やる気スイッチを押す秘密

自分ごとにする
やってほしいことに、楽しくなるシカケを取り入れる
継続できるよう、サポートする

 

これが、モチベーションを高めて、やる気スイッチを押す秘密です。

これに、シカケなり、継続性のために、デザインやオフィス環境がサポートできれば、効果があがります。

サポートするオフィス環境とは

モチベーションを高めるためにも、ここに来たら楽しい!という思いを抱かせることが、オフィスの環境づくりにつながります。

ここに来ると楽しいってどんなオフィスだろう。わくわくする環境ってなんだろう?
行きたくなるというオフィスってなんだろう?

どうなったら楽しいか、どうなったらワクワクするか
求める行動から、どうやったらそれを作れば楽しいかを考えてみましょう。

ゴールの行動から発想すると、発想が広がりやすいんです。

そして、それをひとくくりにできるキーワードがあります。

それが「世界観」です。

世界観の作り方

まずはこのオフィスに来ると楽しい、そんなオフィスデザインだと楽しいですよね。

全体で言うと、会社のビジョンは、会社の理念は?

それを社員に自分ごとにしてもらう必要があります。それを、デザインとしてオフィス環境に取り入れるのです。

 

社員さんが、自分たちがイキイキ楽しく仕事ができれば、モチベーションもあがる。仕事の生産性も上がります。

そこの根本は、社員を信じるということ。子育てでも、子どもがやりたい、やってみたい、という好奇心が出てくれば、自分がやったほうが早くても、時間がかかっても、チャレンジさせますよね。

そこには信頼感が必要です。

個人個人の好きを尊重する

共有部分は、会社のビジョンが伝わるわくわくするデザインに。

そして、個人のエリアは、個人の世界観を作っていい場所。自分のエリアには、自分の好きなことを取り入れてもいい、という空気が必要ですね。

 

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。