北風と太陽のようなデザインが行動を変える!ゴールから考える行動デザイン

acc155b29c5aec039f62efbe17fdf74c_s

こんにちは、牧野直子です。

イソップ寓話に、北風と太陽というお話がありますよね。

 

ある日のこと、
北風と太陽が言い争いをしていました。

北風は、
「僕はなんだって吹き飛ばせるんだ!
一番強いのは僕だ!」

太陽は、
「確かに君には力がある。
でも一番強いのは僕だよ」

と、どちらも引きません。そこで、力自慢をすることとなったのです。

「じゃあ、あそこに歩いている旅人の、
服を脱がせたほうが勝ちってことにしよう」

まずは北風から始めました。

「あの旅人の服を吹き飛ばしてみせるよ」

と言いながら、「ビュー!」と、
冷たい風を旅人に勢いよく吹き付けました。

そしたら旅人は、「なんて寒いんだ」
と言いながら、更に一枚、服を取り出して、
今の服の上に重ねて着込んだのです。

それでも北風は負けまいと、
「ビュー!」と、冷たい風を旅人に吹き続けました。

しかし、旅人は、飛ばされないように、
服をしっかり押さえ、体を前かがみにして
歩き続けたのです。

北風は、とうとう諦めました。

「こんどは僕の番だ」

太陽はそう言うと、まず、ポカポカと暖かく、
そしてやさしく照らしました。

旅人は、「ポカポカといい陽気になってきたぞ」
と、重ね着していた服を1枚脱ぎました。

そして、太陽は、更にやさしい日差しを当て続けたのです。

歩いていることもあり、旅人は汗ばんできて、
ちょうど川沿いがあったので、一休みすることにしました。

太陽はその時、ここぞとばかり、
ジリジリと強い日差しで
旅人を照りつけ始めました。

旅人は、「こりゃたまらん!」と言って、
服を全部脱ぎ捨て、目の前の川に飛び込んだのです。

 

北風と太陽が、旅人の服をどうやったら脱がせられるか、競争をした、という有名な物語。

力ずくで必死で引き飛ばそうとしても、抵抗してますます大変になる。でも、温かくポカポカ太陽を照らせば、旅人は服を脱いでいく。しかも、いい陽気になってきたぞ!とイヤな思いをしていない。
というのがミソですよね。

命令や強制では行動を促しにくい

このお話、実に行動をどうやって起こすかを、表していると思います。

〇〇しなさい、ではなかなか人は動かない。直接、言葉で強制するのではなく、そうしたくなる環境を上手に設定した、ということ。

この、そうしたくなる環境を設定する、ということが、デザインの力でできないかなって考えています。

なぜ啓発キャンペーンは、人が動かないんだろう。

よく節電しよう!、ポイ捨てをやめよう!健康のために歩こう!選挙に行こう!

など、啓発をうながすポスターやキャンペーンってありますよね。

そうしたらいいのはわかってるけど、それを言われたぐらいじゃ、なかなか人は動かない。

啓発キャンペーンの多くは、「どちらかというとやりたくない」行動。

節電だって、地球にとっては大切で、そうしたらいいのはわかってるけど、あまり自分ごとに感じない。それよりは、暑い日にはエアコンつけて涼しくいたい、というのが普通ですよね。

でも、それを「クールビズ」のように、半袖で会社に行ける環境を作ることで、結果節電につながっている。方法をひねって、結果、求められる行動につながるような環境設定。

そんなデザインを考えていければ、と思っています!

そしてその内容を、50ページのPDFにまとめていますので、良かったら見てくださいね!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。