啓発キャンペーンって難しいよね。人はなかなか行動しない理由

5c8d380d0bf262cf3e9ecbf3c15d1bd6_s

こんにちは、牧野直子です。

一般に、「啓発キャンペーン」って難しいって言われます。

啓発キャンペーンって何かっていうと、
例えば、

ポイ捨てやめよう
がん検診を受けよう
節電しよう
選挙に行こう

といったことですよね。

それって、とても正しいことです。だから、政府や公共機関が、いろんなポスターを貼ったり、ACで広告を出したりしています。

でも、人気の有名人がポスターでそれをPRしたところで、なかなか行動が変わらない、というのが現状じゃないでしょうか?

 

なぜ人は行動を起こさないのか

なぜ人は行動を起こさないんだろう。

この理由は3つ考えられると思います。

1.自分に言われているように思えない
2.やるべき行動だと思うが、進んでやりたい行動ではない
3.やりたいと思っても、腰が重い

 

がん検診を受けよう!という啓発キャンペーン。

1.普通に健康に暮らしていたら、病気になる想像がつかない。=自分に言われているように思えない

2.そりゃ、がん検診に行くべきだとは思うけれども、おえってなるの嫌だし、痛いのも嫌だし、そもそも病院キライ!=やるべき行動だと思うが、進んでやりたい行動ではない

3.がん検診?予約取ったり、病院で待たないといけないの、めんどくさーい。それよりは、やっぱり休日は映画見に行きたいよね!=やりたいと思っても、腰が重い

こんな感じ。

私もよくあるわ、、。

 

啓発キャンペーンが、なかなか行動に移らないのは、こういう理由があるからなんです。

ポイ捨てをなくした灰皿

ロンドンで、ポイ捨てをなくした灰皿があるんです。

(別記事で、詳しく書いたので、こちらでどうぞ。)

あの灰皿を、ポイ捨てで困っていた地域に設置したら、それまでいくらポイ捨てはダメというポスターを貼っても効果がなかったのに、ポイ捨てがとても減ったんです。

つまり、デザインは、時に、口で言うよりも、力を持つことがあるってことなですよね。

ポイ捨てはダメ!といくら説教しても、動かなかった。

でも、ポイ捨てを「投票」という行為に変換させたことで、ポイ捨てはダメ!なんて言葉を一言も発せずに、ポイ捨てがなくなった。

これが、北風と太陽でいうところの太陽を、デザインで作りだしたっていうことだと思うんです。

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。