どうやって自分ごとにするか 三人のレンガ職人の話

ab02e019a6da4c41264d1ccc40190cac_s

こんにちは、牧野直子です。

人がなかなか動かない理由とは、

 

1.自分に言われているように思えない

2.やるべき行動だと思うが、進んでやりたい行動ではない

3.やりたいと思っても、腰が重い

 

ということを説明させていただきました。

(詳しくは、こちらの記事で)

 動かない理由の取り除き方

では、どうやってそれを取り除いていけばいいんでしょうか。

1.まず最初の、自分に言われているように思えない。

これは、言われていることを「自分ごとにする」必要がありますよね。

 

イソップ寓話 三人のレンガ職人の話

みなさん、このお話ご存知ですか?

旅人が、レンガ積みをしている三人の職人に何をしているのですか?と聞いて、それぞれの答え方が違ったというお話。

1人目のレンガ職人は、

「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているのさ。」

2人目のレンガ職人は、

「オレはね,ここで大きな壁を作っているんだよ。これがオレの仕事でね。」

3人目のレンガ職人は、

「歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ。」

と答えます。

一番目の職人は、仕事をやらされてる感たっぷり、グチもいっぱい。

二番目の職人は、生活のためには働かないといけない。仕事なんだからしょうがないだろう、という人。

三番目の職人は、大きな目的のために自分は働いているんだと、ちゃんと目的意識もあり、積極的に関わっています。

だからリーダーは、部下に、企業のビジョンを明確にして、それを伝える必要があります。

あとは、社員も自分の意思で動けるように、企画に参加させたりすることで、やらされているのではなく、自分がやってみたいこと、という自分ごとに変わっていくんです。

 

ビジョンの伝え方が難しい

でも、そのビジョンがなかなか伝わらない、というのもあります。だから、伝え方がとても重要。

 

また、口頭で伝えて、一番目や二番目の職人が、三番目のような職人のような考え方が伝わったとしても、実際にその思考に変わってもらうのは別。

それには、とても大きな要因があるんです。

それが、2番目、三番目の要因ですね。

ビジョンを伝えたところで、それって面白くないし、別にどっちでもいい。私には関係ない、と思われてしまっては、手も足も出ないんです。

それでは、いくら口頭で伝えても、行動が変わるようにはならない。

 

一度、経験したら、自分ごとになる

ものごとって、最初の一歩がとても壁が高い。

でも経験してみて、それってこういうものだってのがわかると、そのあとはどんどん自分から動くようになる。

私のバレーボールもそうでした。

子育てと仕事で忙しく、自分のプライベートの時間なんて絶対取れないって、かなりの時間思っていました。

でも、誰かに誘われて、一度やってみたら、意外とできるということ。そして、一回やってみたら、もっと上手になるようになりたい、ってどんどん練習するようになりました。

経験してみるまでは、なかなか人に言われても、リスクを感じてしまっていましたが、一回経験してしまえば、そのリスクは急激に下がります。

ものごとの意義を理解してから行動するのではなく、行動してみた結果、面白そうだから続けてみた。

という公式もなりたつというわけなんです。

行動から興味が広がることが結構ある

AIDMAって、よくマーケティングで聞きますよね。

IDMA(アイドマ)の法則とは、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)

これが今までの一般的な考え方。

これが、Action(行動)から入る ということもある、ということなんです。

例えば、

コインが楽しく吸い込まれる募金箱。面白そうだから、やってみた。

→この募金が、外国の飢餓問題に使われるということを知った。

というサイクルです。

 

AIDMAの法則だったら、

外国の飢餓問題に、感心がわいた。→

募金をしよう!

という流れになるわけです。

それが、なかなか動かないから、啓発キャンペーンはなかなか動かないのです。





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。