トイレは感動を呼ぶスペース。トイレで最上級のおもてなしを表現しよう。

c153e69c4d8f168cd8e79292171f4bf0_s

トイレは感動を呼ぶスペース

 

今日は、お店をされている方向けのデザインのお話です。

トイレについて、その可能性についてお話しますね。

 

一人分の個室というトイレ空間の良さ

トイレは、場所の広さとしては、とても狭いですよね。

トイレは、その全体像が、人が一瞬で認識できる広さです。

このトイレという狭い空間だからこそ、落ち着いて、力を抜いて自分だけの空間を楽しむことができますよね。

だからこそ、用を足すだけ、と考えず、思いっきり「落ち着く場所」として演出してみましょう。そうすることで、少ない面積で、より高い効果を得ることができます。

 

 

トイレのメリットは、別空間であること

店内はある意味、ひとつながりで、一つの世界観でデザインされることが多いですよね。

場所の用途が違っても、違っているようでつながっている、そんな感じです。

しかしトイレはトイレで、空間としては、別のもの、というように縁が切れていることが、デザイン的にも販促的にも挑戦的なことができます。

トイレは、店内とは別の空間として、作り上げることができる。

例えば、店内では、ポップやチラシを貼るようなイメージではないような場所でも、トイレは別。

トイレ内は、別空間で、しかもほっとする場所。

そこで、これから開催されるそのお店のイベントの告知であったり、働く仲間の募集であったり、そういった告知を行っても、まったく違和感がありません。

トイレは落ち着く場所でもあるので、そういったご案内をじっくり見てもらえる可能性が高いですよね。

告知だけではなく、そんなトイレのフレンドリーさから、スタッフの紹介をしてもいいですし、メッセージボードのように使う、そんな使い方もいいと思います。

 

見えないところをキレイにする美徳

トイレをおしゃれに清潔にこだわりを持って作ると、店内をそのように作る以上に、お客様は、「このお店素敵だな~!!」って思います。

「こんな、見えないところまで、キレイにしてくれている!」

そんな感動まで感じてしまうかもしれません。

かといって、店内を無造作に汚くしてしまっては、元も子もないのですが。。

このように見えない部分に気を使ってこそ、経営者のこだわりを感じてもらうことができます。

その店の価値を表現した場がつくりだせる

自分だったら、どういうトイレなら感動するか?そんな視点で考えてみてください。

そう、お客様の視点に立って、考えてください。

スタッフ視点だと、ただ清潔に、整理整頓するだけにとどまってしまいがちです。

自分がお客様だったらと、お客様の立場になり、考えることで「最上級のおもてなし」の気持ちを表現してみてくださいね!

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。