お笑いは、人を動かす力がある。まったく興味のなかった高校生が、激変!

20180718_092841-640x489

こんにちは、牧野直子です。
先日、たかまつななさんが主催する笑活コーディネーター認定講座というセミナーを受けてきました。

それをFacebookで発信したとき、

「そんなマニアックな芸人さんのセミナーによく行くなあ~」

みたいに言われたんですが、内容はすごかったです。

確かに私も、たかまつななさんっていう芸人さんは知らなかった。

完全に、こちらのセミナーの存在を知り、主催してるたかまつさんってどんな人なの?って調べたくらいです。

考え方、生き様に共感できる

でも、ななさんがお笑い芸人を目指された思いや、笑活コーディネーターの主旨、そしてライフワークにされている笑える政治教育ショーなんかが、まさに私がお笑いが好きな理由と一緒だったんです。

私は、長いあいだ、予防医学を普及する心も体も元気になる医療モールのプロジェクトに関わっていました。
結果、それはプロジェクトは中断されてしまうんですが。

その時に、国がかかえる社会問題は、楽しさと掛け合わせれば普及するんじゃないかな、と考えたんです。

まさにななさんの思いもそこ。

人々が距離を置いてしまいがちな社会問題でも、お笑いを通せば、もっと身近に感じてもらえるんじゃないかなっていうところなんだそうです。

だからこそ、高校に18歳選挙権についての出張授業を精力的に行っておられるんですね。

政治に興味のなかった高校生が激変!

実際に、まったく政治に関心のなかった高校生たちが、授業を聞いたあとには80%以上の子が投票に行きたい!って答えたそうです。

楽しみながら知る。
知ったからこそ、興味がわいて、いろいろ調べてみる。
いろいろ調べてみたら、行動したくなる。

ほんとに、そんなことを起こしている。

私もその想いで動いています。

ただ私には人を笑わせるセンスは身に付いていない。だからこそ、もっともっとお笑いの力を利用できるようになりたいと思っているのです。

がんばります!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。