お笑いをビジネスに取り入れよう!笑活講座のレポート

20180715_184020-640x480

こんにちは、牧野直子です。

私はお笑いと教育が大好き。Eテレでやっている「芸人先生」。

ビジネスの世界にお笑いを取り入れたら、きっとうまくいく。

そんなコンセプトで、芸人さんが、企業に出向いてビジネス講座を行うというのが、芸人先生です。

私は、この番組を知ってから、私の興味のところをズドンといくこの番組が大好きで、ブログに毎週レポートも書いておりました。

そしてツイッターでも発信していたところ、芸人先生と同じコンセプトで、ビジネスに笑いを取り入れよう!というセミナーをやっている、と同じハッシュタグで発信されているところを見て、次の開催はいつだろういつだろう、と心待ちにして、ずっと次回のセミナー開催記事が出るのを待っていたぐらいでした。

たかまつななさんによる笑活

それは、笑活コーディネーター認定講座というセミナー。

たかまつななさんというお嬢様のフリップ芸をされている芸人さんが、お笑いの法則を体系的にテキストにまとめられ、それにしたがっての内容でした。

いろんなお笑い養成所があるなかで、養成所に入るとそこでお笑いの学びを受けていくんだけれども、体系的に理論としてまとまっているところはなかったと。

だからそこを体系的にまとめられたんだそうです。フェリス女学院、東京大学出身で、学生の時からお笑いをやっていたという彼女ならではの、発想です。

こういうことをやってくれる人がいるから、わかりやすい。

 

THE MANZAI で華丸大吉と共にファイナリストで戦った構成作家さんがサポート

講義は、構成作家の森枝天平さんという方と一緒に進められました。森枝さんも、元漫才師で、エレファントジョンというコンビでTHE MANZAI でファイナリストになられたとか。華丸大吉が優勝した年だそうです。

だから、うなずきのタイミングや切り返し方がとてもお上手。

普通セミナーって、講師一人がお話するタイプがほとんどだと思うんですが、たかまつさんがスライドを使ってセミナーをしている中、森枝さんが、ふんふんってうなずいたり、たまに質問したり、2人のかけあいみたいな感じでやられているのが、とても面白かったし、心地よかった。

 

漫才をやってみよう!というワーク

どんなことをやっていったかというと、サンドウィッチマンの漫才を自分たちでもやってみたり、自分たちでネタを考えて披露してみたり。

 

言いたいことを90秒でプレゼンするワーク。

お笑いでは、伝わっていなければ笑いがおきないから、なるべく伝わるように作る。

自分のいいたいことを90秒で言えるようにやったみたり。

 

笑える政治教育ショー

最後は、お笑いと教育ということで、たかまつさんがされている政治教育ショーを実演していただいて、シミュレーションゲームを行ったりしました。

今回の受講で、すぐ人を笑わせられるようになるのは、難しいけれども、どうやったら笑わせられるか、伝えたいように伝えるか、そのメカニズムは大分わかってきた。あとは、日々の鍛錬かな。

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。