芸人先生ナイツが教える「年上の心わしづかみ」 講座の感想

ナイツ

こんにちは、牧野直子です。

面白くビジネスが学べる芸人先生の#7回の先生は、ナイツです!

芸人先生は、ナイツが先生

生徒は、大手衣料品メーカーの「しまむら」

日本全国 にチェーンがある衣料品メーカーですよね。

店舗の店員さんは、ほとんどがパート、アルバイトの女性。年齢層が平均39歳で、30~40代が多い。もっともっと年上の人もたくさんいるんだとか。

それに対して、社員さんたちは、20代の人が多数。

立場上、20代の社員さんが、40代以上のパートさんに指示をしないといけないわけで、そんなとき、「どういう風にしたらカドが立たないか」というのを、若い社員さんが悩まれていました。

自分よりもかなり年上で、人生経験もたくさんあるオバチャンから、

「いろいろ言われても、覚えらんないのよ~」

って言われたら、ハイ、そうですよね。。ってなっちゃいますよね。

はー、私も気をつけよ。言いがちかも(笑)

自分のやり方でそれなりにうまくいってきた経験則があるから、新しいことをいろいろ言われても、、なんてふうに思いがちです。オバちゃんは。

でも、これがうまいな~って思ったのが、こういった悩みに対して、「ナイツ」をキャスティングしたプロデューサー!

ナイツは漫才協会で、塙さんが副会長、土屋さんが常務理事。
ホームページ見たら、塙さん、上から2番目で、土屋さんも3番目のポジションやで~!

漫才協会は、年配の芸人さんがたくさん集まる協会、それの副会長と常務理事をやってる。

年上の協会員さんに対して、指示をしないといけないという点では、しまむらの社員さんと全く同じ構図やね!

 

「年上の心わしづかみ」 講座

タイトルも面白い!

 

ポイント1 聞き上手に徹する

年上の人が気持ちよく話せるように、聞いて聞いて聞いて、話す!

ナイツのネタの解説も、ありました。

塙さんが話したくて話したくてしょうがない話(ネタ)を、土屋さんが途中でそれ違うだろ、と言わずに、聞いて聞いて聞いて、最後に、それ〇〇ですよね。ってツッコむ。
このネタ、まさに、聞き役に徹するツッコミだったんですね!

 

ポイント2 小よいしょ

魔法の言葉
「うまいですね~!」らしいです。

ちょっとした話のすきに「うまいですね~!」って合の手のように入れると、話し手もノってくるんですよね。
でもね、これすべてがうまいですね~っていうのは、つじつまがあわない時もある。

和田裕美さんが補足していました。

上司に好かれるさしすせそ

さすがですねー。
しりませんでした!
すごいですね!
センスいいですね!
そうなんですね!

これだけパターンが増えれば、小よいしょしやすいね(笑)!

 

ポイント3 わざと小間違える

これは、相手がツッコンでくれる人だったらいいけど。。
ほとんど漫才でしたね。

注意点としては、相手の家族構成や趣味などで間違えると、前話したのに覚えてないの?なんて思われてしまうリスクがあるので要注意です。

年上の人に気に入られるコツ、さすがナイツでした!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。