うつわcafeで、自分じゃ選ばなかった、新たなファッションの扉が開く

20180718_130843-640x360

こんにちは、牧野直子です。

2018.7.18に、イメチェンで私の髪を切ってもらって大好評だった梶原直美さんの京急蒲田のバリ風美容室カフナに行ってきました。

うつわカフェというイベントがあったから。

20180718_124203-640x360

【うつわcafeにて。みわこさん、齋藤くん、お店のオーナー直美さん、北海道から遊びに来られたシノズさんと】

 

お洋服や素敵な和のうつわが帰るうつわカフェ in バリ風美容室カフナ

それは、うつわや、お洋服やアクセサリーを、埼玉県にあるRyonというお店のみわこさんが出張で、カフナ店内で紹介してくれるというもの。

うつわカフェというイベントだかあって、私もこーんな素敵な和のうつわでコーヒーをいただきました。

20180718_124828-640x480

【こんな素敵な和のうつわでコーヒーをふるまってくださいました!】

 

ビフォーの私

普段、私は黒いパンツが多い。ラフにはしていても、色は抑え気味できっちり、カッチリしたものが多かったかな。

30歳で設計事務所を独立したんだけれど、”若い女の子”とみられると、マイナスなことしかなかった。だから、大人っぽく見えるようなスタイルばかり選んでいたんだと思う。

そして、子供が二人生まれてからは、3人乗り自転車に乗せて、保育園やら買い物やらに行かないといけないわけで、洋服の基準が、とにかく楽に動けるものという風になっていました。

だから靴だって、ほとんどがぺったんこ。ヒールなんて履いていたら、自転車乗れないし、走り回れないしね。子育てと仕事の両立で時間がないから、駅と自宅の往復は必ずいつも走ってた。

まあ、そんな感じで40代を迎えてしまったわけだ。

 

20180528nao

【ビフォー 普段の私。髪も切る前だったね。】

この写真は、今年5月の時の写真。こんな感じで、黒いパンツに、紺色や黄色のトップスを合わせるのが多かったかな。

アフターの私

そんな私に、みわこさんが選んでくれたお洋服はこんな感じ。

 

20180718_130626-540x720

【アフター:お洋服を見立ててもらいました】

 

どうかな~?

20180718_130843-640x360

【お洋服を見立ててもらったRyonのみわこさん】

 

みわこさんいわく、

普段キリっとした印象のお洋服が多いから、自分では選ばなさそうなものをチョイスしたって。

まさにロングスカートなんて履いたことないし。そしてトップスも、かわいいイメージを出すために、かわいいデザインのものにしてくれたんだって。

 

おかげで、たっくさんの人にいいね~ってほめてもらったよ~。

自分では選ばないものをプロは選んでくれる。それも、たくさんの人を見てきているわけだから、似合いそう!というのが直感でわかるんですよね。

さらにさらに、うつわカフェではこれだけでは終わらずに、齋藤くんのパーソナル診断も受けました。

それについてのレポートは後半に続きます~!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。