タカアンドトシの芸人先生。初対面の人と会話で和ませるコミュニケーションって?

20180802_172245-640x440

こんにちは、牧野直子です。

 

私が楽しみにしていたEテレの芸人先生が最終回でした。また、特番なり、復活してほしいです~。

ツッコミとコミュニケーション

最終回は、タカアンドトシが先生でした。

ローソンの社員さんが生徒です。

題して「初めまして、ツッコませていただきます」講座。

 

ローソンの社員さんの悩みの中で出てきたのが、年上のアルバイトさんとのコミュニケーションが難しいとか、採用でたくさんの学生さんに会うけれども、そこでのコミュニケーションが苦手、というものです。

 

そこで、タカアンドトシが、街や旅ロケの時に、どうやって素人さんとコミュニケーションをとっているかを紹介してくれました。

 

旅ロケで出会う初めての人との会話の盛り上げ方

旅ロケで出会う素人さんは、みな初対面ですよね。その人がどんな人なのか、情報はいっさいない。

 

まず、その人の見た目をじっくり観察する。

そして、ちょこっとだけそれをほめる。

あまりほめすぎると、わざとらしいからね。

例えば、そのメガネ素敵ですね~。みたいな。

そんな程度でもOK。

そして、他には、見た目をありのままに言う。

 

その繰り返しでも、自然と会話が増えていくんだそうでし。ちょっとほめられると、人は嬉しくなるし、その心の状況だから、見たまんまを言われても、なんかいい気分になると。

ツッコミはなんでやねん!だけではない

こういったコミュニケーションも「ツッコミ」のひとつ。

ツッコミとは、何も、「なんでやねん!」とか「バカヤロー!」とかばかりではなく、こういったものもツッコミなんだということ。

和みと書いて、ツッコミと読ませたいぐらいだ!とのことでした。

ツッコミは、人を和ませる手段としても有効なんですね。

 

人から話しかけられやすい人になるには

タカアンドトシの話を聞いて、怖がらず、どんどん話しかけてみようと思いました。そうしたら話しかけられやすい雰囲気ができるかな。

ちなみに私は、人から話しかけにくいって言われたことがあります。

意識していないと、口角が下がっていて怒ったようにみえるのかもしれません。

話しかけられやすい人になるには、

 

笑顔でいる

清潔感

人の目を見て話す

素の自分を出す

これらが大切なんですよね。

タカアンドトシの自分から会話をきりだしていくこと、そして、この4つの要素を意識すること。

 

そうやって、ニッコリ笑顔で、雑談力を磨いて、話しかけにくい人からは卒業したいと思います。私もまだ修行中ですので、私を見たら、話しかけずらいとか言わず、声かけてくださいね~。

 

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。