お客様がお店のファンになる「ワクワクするお店づくりの8つのステップ」

3d5abad0fb389528e651cf5fa75bc39e_s

こんにちは、牧野直子です。

「ワクワクするお店づくり」というコンセプトで、お店の設計デザインや、ディスプレイの提案をしています。

その「ワクワクするお店づくり」の基本となる考え方、核になる部分をまとめてみました。

 

滞留時間を長くする工夫

お客様は、お店に長い時間いてくれるほど、購買率があがります。だから、お店の中にお客さんが長くいてくれる仕掛けがあるといいんです。

それは、つい読みたくなってしまうPOPだったり、楽しい提案だったり。

そういうものがあると、お店にいる時間が長くなりますよね。

入ってすぐ出られてしまったら、売上はあがりません。

かといって、お客様が来られたと同時に、逃がすまい!(笑)と、いろいろ話しかけるのは、逆効果です。

 

提案をしよう!

お店では、どういう提案をしていますか?商品を並べているだけだったら、どこのお店で買っても同じ。同じ商品なら、より安いお店、より近いお店に行かれてしまいます。

だから、「提案」が大事になってきます。

このお店ならではのセレクトの理由や、こうすればうまく行くというイメージをわかりやすくすることなど、考えられますね。

 

ストーリーを作ろう!

その提案には、ストーリーがあると、より具体的になりわかりやすくなります。また共感ポイントもあがってきます。

なぜこの商品をおすすめするのか、それが一連のストーリーになっていると、興味も増していきますね!

POPを活用しよう!

POPは、お店の従業員に代わって、お客様にいつでも商品を説明してくれる大事な店員さんです。どんどんPOPを活用しましょう!

POPを書くと、お店のイメージが悪くならないか?って心配な時は、かわいらしいディスプレイの中にPOPを書いたり、いろいろ工夫することができます。

 

アイキャッチを作ろう!

ワクワクするお店には、お店に入ってすぐ、心がときめくディスプレイがあるものです。そこには、ぎゅっとそのお店の魅力が詰めましょう。そこで心をぐっとつかむと、他のエリアも見てくれます。

 

季節ごとなど、定期的に、新しく提案しましょう!

最初に提案をしよう!と書きましたが、新鮮さを感じてもらうためにも、定期的に入れ替えることが必要です。例えば、季節ごとに、その季節に合わせてディスプレイを変えていったりしましょう。

 

お客様と仲良くなろう

お客様なのか、お友達なのか、よくわからない~と言っているお店の方が、とても好調だと感じます。お客様がお店のファンになっていただいているんですよね。そのために、楽しいイベントを企画したり、お客様との距離が近くなる工夫をするととてもいいですよ。

世界観を作ろう!

これらを総合すると、お店の世界観が出来上がってくると思います。作ろう作ろう!というよりは、にじみ出ちゃったっていうほうがいいのかもしれません。

自分の好きなことをテーマにお店のインテリアを作ってみたりもいいですよね。

テーマがあって、統一感があると、その世界観にお客様は引き込まれます。

 

ワクワクするお店づくり

以上、ワクワクするお店づくりのコツをまとめてきましたが、みなさんのお店の参考になれば嬉しいです!

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。