保育園、幼稚園、こども園で、子どもを本好きする園舎

36d0d2e77c3fa5d9423797daab1abd81_s

こんにちは、牧野直子です。

本を読むことで、表現が豊になる。
日本語って、ほんとに表現の幅が広いですよね。

英語だと、rain で表現される雨。

日本語だと、小雨、長雨、秋雨、 春雨、五月雨、もっともっといろんな表現がある。
奥深い言語を持ってますよね。日本人の感性は、こういった表現の多さも関係ありますよね。

今日のブログです!

保育園、幼稚園、こども園で、子どもを本好きする園舎

私は、建築に進むぐらいなので、数学や物理が得意な女子、いわゆるリケジョなんです。でも、最近、塾や自分の子供の勉強を見ていて、「国語」を教えることがとっても面白いなって思うようになってきました。

国語は、大人になって、いろんなことに生きてくる

国語って、問題文をよく読めば、ちゃんとそこに答えが書いてある!
まあ、どの部分が答えなのかってのが、わからなくて困っちゃうんですけどね(笑)

国語って大人になっても、仕事をする上でも、家族間でも、友達間でも、人間関係を良好にしようと思うと、一番必要な教科。
人の心がわかる、っていうのは一番それに必要な力ですから。

そして、それは、たくさん本を読むことで培われる。ただ、読むだけじゃ伸びませんけど。
どんなことが書いてあるんだろう、って映像をイメージしたり、自分だったらどう思うだろう、って考えたり、そういうプラスαがあることで、読解力はのびていく。

しかし子どもって、本を読みなさいって言っても、カンタンには読んでくれない。

初めは絵本の読み聞かせから

小さいときにから、お母さんや保育園の先生たちから、何度も絵本の読み聞かせをしてもらって、本に触れていく。ところから、始まります。

図書館みたいなコーナーがあってもいい

保育園などの園舎にも、ライブラリーコーナー、図書館の児童コーナーのようなところがあるといいなと思います。

貸し借りもできるといいですよね。

ライブラリーコーナーがある保育園、よくオープンになっているところが多いと思います。

でも、オープンだと、静かに読めるスペースがない。どこか、半クローズドになっているような、こもれる場所があるといいですよね。

保育者の目が届かないから、という理由で、そういうスペースは作らないのかもしれませんが、子どもはそういう場所が好き。

だから、半分クローズドにしてみる。

ラクな姿勢で読めるいろいろな環境を作る

本って、座って読んだり、寝転がって読んだりしたい。いろんな姿勢で読めるイスや家具、床があってもいい。

図書館って、本がたくさんあって、静かなんだけれども、閲覧スペースって少ししかないし、ましてや、寝っ転がって読めるスペースなんてない。

だからこそ、園舎で作ってあげたいですね。

 

子供たちに本に触れられる機会を作ろう!

まずは、子どもだから、本に触れさせることを意識してスペース作りをするといいと思います!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。