古い建物を改修して、住宅から保育園や介護施設にすつ場合、役に立つもの

door

こんにちは、牧野直子です!

空家など、古い建物をリフォームして、福祉施設に転換する方法が見直されてきています。

今日のブログは、

古い建物を改修して、住宅から保育園や介護施設にすつ場合、役に立つもの

福祉施設というのは、利益をどんどん生み出す施設ではないし、集客目当てでもないので、より豪華に建築を作る必要があまりない、ということもあります。

だからといって、とりあえず数を用意するだけでいいわけでもなく。

 

リフォームして用途を住宅から変更する福祉施設

だから、リフォームやリノベーションといった、古い建物を利用して、使えるようにする手法が見直されているんですね。

そして、その中でも、昔の建物をすべて、新しい建物として利用する場合もあるけれども、そうでない場合もある。だから、リフォームやリノベーションといった、古い建物を利用して、使えるようにする手法が見直されているんですね。

 

2階の扱い

例えば、もともと2階建ての木造住宅を、保育園や介護施設に転換しようとする場合、2階にも遊戯室や居室として使おうとすると、建築計画上、避難計画を強化しなくてはいけない、とかあるんですね。

それだったら、保育園や介護施設として使うのは、一階だけの部分にしておいて、2階は使わないようにしよう、となってくると思います。

でも、開けたままにしておくのももったいない。
スタッフの休憩室や、倉庫としてなら、使うことはできるから。

そうした場合、もし保育園だとしたら、園児たちが、まちがって2階に行ってしまうのは危ないですよね。

 

階段をふさぐのに便利なもの

そんな時に役に立つのが、アウトセットの引き戸です。

引き戸は、しめていたら、壁のように使うことができる。
開けたら、ドアになる。

そして、アウトセットというのは、もともとの壁よりもずらしてつけることができるんですね。
こういったリフォームなどの改修で、力を発揮します。





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。