第5回 医・食住健康フォーラム。健康住宅の刺激的な勉強会でした。

20181005_210112-640x360

こんにちは、牧野直子です。

第5回 医・食住健康フォーラム

こちらで、講師をさせていただきました。
このお話をいただいたのが、6日前。場所や内容を変更することになったらしく、急きょピンチヒッターで作っていただいた出番でした。

医・食住健康フォーラムは、健康住宅を推進されている一般社団法人住宅環境推進協議会が主催されています。

まずは、長井克之代表理事の基調講演。

「健康快適になる住環境の改善急務!今の住宅では健康になれない!?」というタイトル。

次に、保健学博士 菅原明子先生による「快適抗酸化生活のススメ」というお話。

そのあとに、私の出番でした。

そしてそのあと最後に、建て主さんお二人の体験談。

健康住宅について、13:00から17:30までみっちりでした。

お客様の体験談でびっくり!

それをずっと聞いていて、一番感銘を受けたのが、最後の建て主さんのお話。

HORI建築さんという京都の工務店さんの建て主さんお二人がいらっしゃっていました。京都からいらっしゃったっていうのも、お客さんがそこまでしてくれるなんて、すごいですよね。それも工務店の社長の魅力なんですよね。

そして、その中のお一人が、中学の理科の先生だったんですが、第二の人生として、HORI建築の営業マンになりたいと志願され、社員になってしまった!!ということ。これには、本当に驚きました。

60歳で退職してからではなく、58歳で早期退職して、営業マンになられたのだとか。これには、本当に驚きました。

建築費が高かったので、少しでも堀建築から返してもらおうと思って、、なんて冗談を入れてお話されていましたが、素晴らしいですね。

住んでいるお客さんが、ここ良かった~!って話してくれるのが、一番の営業ですもんね。

そのお客さんが普通に口コミレベルじゃなくて、営業マンになっていただけるなんて。
全く分野が違って、建築の知識はないけれど、HORI建築の良さは誰よりも一番知っている、て、しびれるわ~。

自分の家に招けば、そこがモデルルームだし、住んでみた感想を実際にお伝えできるしね。
入社半年で3棟契約、今も1棟、進行中だとか。ほんとに素晴らしい。

住まいは、環境そのもの

住宅って、人生で長くいる場所だから、環境そのものです。
そこがシックハウスや電磁波を受けまくる家か、自然素材で風も気持ちよく入ってきて心地いい家か。

それでまったく変わってくる。
そうなったら、もちろん健康にも違いが出てくるのは、一目瞭然ですよね。

予算との兼ね合いももちろんあるけれど、快適な住まい、病気にならない住まいに暮らしたいものです。


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。