グループホームや、老人ホームに、自家菜園がオススメ!な3つの理由

575cecb9020ccca8e59ff80ed6a969b9_s

TVでダイエット番組をやっていたのですが、合宿中、無残にも散らかった部屋を見て、参加者の一人はみな、太っている人はみんな、部屋を片付けない、怠惰な生活をしているって改めて気が付いたって、言ってたんですね。

そして瞑想をして、心のぜい肉をそぎ落としたら、見事部屋がキレイになっていた!

私もそれを見た翌朝、朝イチで、お風呂とトイレと洗面所をピッカピカに大掃除しました。

牧野直子です!

今日のブログは、自家菜園についてです。

グループホームや、老人ホーム、など住まいとしての福祉施設には、自家菜園がオススメ!

高齢の方は、野菜の栽培や、ガーデニングなど、土いじりが好きな方が多いですよね。

隠居している方は、初めて畑いじりをしてみたい、という方もおおぜいいらっしゃいますからね。

リハビリの一環として、園芸を取り入れる場合もあるぐらいだそうです。
身体的なリハビリが、体の改善だとしたら、園芸による作業は、心のリハビリでしょう。

落ち着いた穏やかな心を保つことができます。「育てる」は愛情表現、心の安らぎを生むんです。

私の親戚は、もう85歳にもなりますが、一人で自家菜園をして、トマト、ゆず、ブラックベリー、いちじくなどを育てています。
そして、ブラックベリーやいちじくはジャムにして送ってくれるんですよ~。

そして、85歳とは思えないほど、ほんとに若い!

 

自家菜園だから、無肥料で作れる

最近、食育でも取り上げられていますが、市販の野菜は、見た目をそろえたり、流通を安定させるために、農薬が使われていますよね。

健康を作っていくという点では、農薬はできるだけ排除したほうがよい。

老人ホームの中で、自家菜園があり、そこで入居者たちが、持ち回りで世話をしていく。

そして、自分たちで作った野菜や、果物が、食事にも利用される。

この循環が、とてもいいんです。

食の安全だって、作れるわけです。

 

庭でも、屋上でも

自家菜園ですが、土地が広い場合は、1Fの土地に。

もし、土地が狭い場合は、屋上に作ってもいい。
屋上に作る場合は、最初にその分の荷重を考慮して、構造計算をしないといけませんが、でも、作ってしまえばいい。

屋上に作れば、断熱効果も増します。

屋上に作る場合は、そこにつながるエレベーターも作っておきたいですね。水をやるための設備などもね。

一番いいのは、ルーフテラスに畑を作って、そこを眺めるように食堂を作ったりすると、食事をしている時の景色もいいですし、すぐ外に出やすいですし、一石二鳥です。

 

自家菜園を作ってみてください

心の健康にも、食の健康にも役に立つ自家菜園、畑をぜひ、作ってみてくださいね。

 





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。