ライン一本で、行動が変わる駐車場のデザイン

bus_05_02

こんにちは、牧野直子です。

問題を解決するためのデザイン、行動から発想したデザインとは、どんなものがあるでしょうか?

駐車場のライン

例えば、駐車場の間のラインは、今までは一本線が主流でしたが、今は、間のラインが二重線のところが増えてきました。

bus_05_02
【写真:ソレックス有限会社HPより】

それは、一本線だと、曲がったまま駐車したりする人が多いけれども、このラインを二重線にすることで、この間に車を停めようという心理が働き、みんなキレイに駐車してくれるようになったそうです。

このように、たった一本のラインで、人の行動が変わるんですね~。

 

成田空港の第3ターミナル

001
【写真:マイナビニュースより】

これは、成田空港の第3ターミナルの写真です。第3ターミナルはターミナルの中で、一番奥に作られており、歩くのに時間がかかる。かといって、歩く歩道などの設備投資をしてしまうと、格安航空を使おうとしている人たちに、空港使用料を高く取らざるをえない。

そこで、長く歩いても、疲れないようなアイデアとして、陸上トラックで使われるゴム製のチップで、陸上トラックのようなものを床に作ったそうです。

これだと、歩く苦痛が減りそうですよね。

さらに、赤と青で、行先がすぐわかるようにしたため、迷いもなくなりました。

ブルーが出発、レッドが到着の導線とのことです。

 

こんなように、行動から変わるデザインの事例がいくつかあります。

 





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。