自由が丘駅前のショッピングモール trainchi(トレインチ)のワクワクポイント

trainchi03

こんにちは、牧野直子です。

自由が丘にふらりと雑貨屋さんめぐりをしてきました。お休みであっても、いつもは子供達のお昼を作らなきゃ、とか、仕事やPTA業務がたまっていて、ふらりと出かけるなんて、なかなかできないんで、思い切って行けてよかったです。

それに、副都心線と東急線がつながって、直通で乗り換えなしで1本で行けるというのも、自由が丘に出やすくなった理由です。

自由が丘といったら、おしゃれな街並み。そして街の中に、おしゃれな小さなお店がたくさん並んでいます。街全体が、ショッピングモールのようですよね。

まず向かったのは、自由が丘駅前のショッピングモール「トレインチ」

駅前すぐのトレインチ

奥にメインの建物があり、そこまでのアプローチが長いんだけれども、期待を感じさせてくれるアプローチ。

trainchi08

【ゲートからしておしゃれ!】

他の大型駅の駅前ショッピングモールだと、大きなビルの中に、お店がいくつか入っているパターンがほとんだけれども、ここは、2階建ての小さい建物の中に、お店がいくつか入っている。

このゲートからして、おしゃれ。

建物に着くまでのアプローチが長いんだけれども、それを飽きさせない作りですよね。

 

trainchi05

【トレインチの正面ゲート】

アプローチをくぐると、トレインチというだけあって、テーマは電車!

小型の線路をイメージさせるパーゴラがあります。

こういうの見るだけでワクワクする!

その下に、ベンチがあって、ここで休憩できるようになってます。午前は雨がふってたので誰もいなかったけれど、午後は晴れていたので、若い女の子たちが座って、スイーツ食べてました。

trainchi02

 

trainchi06

 

trainchi03

線路が、プランターになってるの。かわいいでしょ!!

trainchi04

【案内表示もおしゃれ】

アプローチ入ってすぐの案内表示もおしゃれでワクワクします。

奥に行くと、カフェ、ベーカリー、イタリアンがあって、反対側には自由が丘駅。普通だったら、駅の案内は別にあるけれども、をあいだに挟んであるのもいい。

そして、案内表示をちょっとずつ角度、色、字体を変えているのが、なんともおしゃれです!

パン屋さんを抜けて、正面に目立つようにあらわれたのが、イタリアンのGONZO。

trainchi09

そして、中庭を中心に、2階建ての建物がまわりを囲んでいるような作りになってます。

trainchi07

trainchi01

ゆるやかにカーブがかかっている階段は、2階に誘いやすい作り。そして、その周りには、庭園。

そして頭の上には、フラッグガーランド。

旗のガーランドって、なんでこうワクワクするんでしょうね。おしゃれですよね。

この周りに、各種雑貨屋さんや、洋服屋さん、美容室、飲食店などがそろっています。

ちなみに食べ物系のお店は、

「酒場 シナトラ」2号店

クラシックな本格イタリアン「Osteria & Bar GONZO」

原宿のクレープブリュレが人気の「コムクレープ」

コーヒー豆の焙煎販売を行う「やなか珈琲」

パン屋さんの「ブランジェ浅野屋」

です。

トレインチはおしゃれで楽しい

自由が丘のおしゃれなショッピングモール、トレインチのワクワクポイントについてレポートしてみました。

自由が丘に行かれたさいは、ぜひ行ってかれてみてはいかがでしょうか。

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。