子供が遊んで楽しい空間の要素はこれ!

osiro

こんにちは、牧野直子です!

学習塾の先生をしていて、生徒が楽しく笑いながら、わかった~!!って言ってくれると、とっても楽しい。

楽しいなって言われる授業をやっていきたいなと思います!

今日のブログです。

子供が遊んで楽しい空間の要素はこれ!

やっぱり、永久グルグル空間は楽しい!

家のすぐ近くに「お城の公園」という公園があるんです。
公園の遊具がね、お城みたいだから、「お城の公園」。

ここがね、都会の中にある公園だから、面積としてはとっても小さいんだけど、子供達にとっても人気があるんです。

どんな公園かというと、

広めの滑り台があって、公園の低いゾーンと、高いゾーンがその滑り台でつながっている。

お城も、高いゾーンと低いゾーンが高低差が、遊具でうまくつながっている。

それらがね、高低差がいろいろあって、しかもそれが、ぐるぐるつながってるわけ。

最初に、アプローチの階段で上に行って、上でブランコで遊んで、滑り台すべったら、下からお城の遊具で遊んで、上に行って・・。

みたいにぐるぐるぐる。

 

子供が楽しい空間とは

これがね、子供が楽しい要素がいっぱい詰まっているんですね~!。

まとめてみると、こういうこと!

 

ぐるぐるぐる、途切れなくいろんな空間がつながること。

高低差があって、場面が切り替わること。

途中で、ショートカットできたり、自分でコースを選択できること

 

この狭い公園の中にこれだけの面白い要素が詰まっている!

この要素を、子供の施設や、保育園を、園庭と建築を一体化して、作っていったら面白いと思うな~。

 

保育園や子供施設でも楽しい空間を作ろう!

この理論を応用して、建物と園庭など組み合わせて作ると、とっても子供達が喜ぶ空間になるはずです。

例えば、1階と2階が外の空間とデッキでつながっていたり、その中に、いろんなシカケがあったりね。

とっても楽しそうだと思います!

 





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。