重要な会議こそ、居酒屋でお酒飲みながらやろう!

44カラオケルーム

重要な会議こそ居酒屋でお酒飲みながらやろう!

こんにちは、牧野直子です。

経営者の住まい 隠れ家バー

以前、ある大手企業の経営者さんのおうちを設計したとき、隠れ家風のバーのような部屋を作りました。

ミニキッチンがあってね、カラオケセットも入れてね、結構本格的。

地下なので、防音もバッチリのお部屋。

44カラオケルーム

【経営者の方の住まいの中の隠れ家バー】

45カラオケルーム

【カラオケだって歌えます!】

 

その部屋は外部から直接入れるようになっていて、自宅部分はまた違うエントランスがあって、動線も完全に分離できている。

自分は自分専用の入口(2F)から。お客様はダイレクトにバーに行ける1Fの入口から。でも中では階段でつながっている。

とても理想的な動線です。

48中庭

【すぐ裏は中庭になっています。】

趣味と実益を兼ねた遊びと仕事の境界のない住まい

なんのために作ったかというと、その社長が、歌が好きというのもあるけれども、大事なお客さんたちを招いて、そこでお酒を飲める、という目的があったんですね。

大切なお客様を自宅に招いて、本格的なお酒の席があって、一緒に過ごせる。なんて素敵!

(自分で設計しておいてなんですが。。)

会社の会議は、重要な会議こそ居酒屋でやろう

私の大好きなエクスマの藤村先生もおっしゃってます。

 

重要な会議こそ居酒屋でお酒飲みながらやろう!

雑談や世間話が多い会社ほど業績はあがる

 

ってね。

新しい革新的なものを生み出そうとするときは、真面目に机に向かっていても、何も生まれないわけで、何か楽しい別の体験を行っているときに、ふっと出てきたりする。

営業だって、正攻法で電話アポをとっても、相手になかなかされない。広告だって、なかなか思いどおりの結果は生まれないかもしれない。

お酒の席で楽しい会話をしていたら、そういえば君のとこで、〇〇ってできたりする?って聞かれたり、お酒の席で半分ふざけた会話をしていたときに、その企画面白そう!ってなることが多い。

だから、どんどん重要な会議は居酒屋でお酒飲みながらやろう!ということ。

 

でもね、なかなかそこまでオープンにできる会社ばかりじゃないよね。

だからこそ、オフィスの中に、どんどん会話がはずむようなカフェや、居酒屋があったらいいなあと思うわけです。

お昼は普通の会議室だけれど、照明を落としてあげれば、カッコいいバーになるように設計だってできるわけで。

会社の中にバーがあったら、気兼ねなく、バーで仕事ができるよね(笑)。

ということで、オフィスの中にカフェやバーを作ってみませんか?

社員さんのやる気もみるみる上がるし、新しいアイデアはどんどん生まれて、どんどん業績があがりますよ~。

 

詳しくは、50ページのPDFにまとめているので、良かったら読んでみてくださいね~。

 

 

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。