スポーツから学ぶビジネス。自然体に力を抜くことができない人へ。

e60c0684b264c09b2087b2a6003f70a3_s

こんにちは、牧野直子です。

私は2年前から、バレーボールを再度始めました。最初は月イチぐらいで運動不足解消ぐらいに思ってたのですが、やりだすと面白くて、もっと上達したいって思うようになってくるんですよね。

そうこうしているうちに、新宿区でフリーのバレーボール教室があると聞いて、最近は、毎週通っています。

バレーボール教室でも、もう1年ぐらい通っているので、大分上達してきていると自分で思うのですが、バレーボールは奥が深くて、もっともっと技術を磨かなきゃっていうことがたくさんあります。

サークルやクラブ活動は、主にチーム練習で、普通にプレイの練習やゲーム形式の練習が多いのでフォームの指摘などはほとんどされないのですが、バレーボール教室は教室なので、本当に基本のキから、毎週のように教わっています。

普通にボール返せてるから、基本は出来てるって思っていても、それでもまだ指摘される(笑)もう基本だから

特に私が指摘されるのが、基本のアンダーパスのフォームが力が入りすぎていること。

上手な人と並べて、な、違うだろって、悪い見本として前に呼ばれたりすることもあって、とほほ。。

確かに、自分の目の前に来たらちゃんと返るけれども、左右にふられたボールが来ると、出したいところに返らない。

レシーブでも、アタックでも、私はいつも力が入っているんだそうです。

力を抜いて、脱力して、ボールを返したり打ったりする瞬間だけ力を入れれば十分なんだそう。

 

人が見ると一発

そう指摘されるので、気を付けてはいます。でも、自分では力を抜いているつもりでも、見る人が見たら、すぐわかってしまう。

いいボールを返さなきゃ、とか、早いボールを打たなきゃっていう気持ちだけが、どんどん前にでてきてしまっていると。

私の仕事面でも、ひょっとしたらそうなのかもしれません。

楽しそうに自分ではやっているつもりでも、ひょっとしたら焦りや不安がその中にあって、他の人は、それがなんとなく感じてしまう。

そうなると、なんかウソくさいとか、必死すぎる、とか、、なんとなく思われてしまうのかもしれませんね。

先日のエクスマセミナーの懇親会でそんなことを指摘していただきました。

力の抜き方を覚えて、心からリラックス

バレーボールも仕事も、自然体になることは、私はまだまだかもしれない。でも、そういう基本中の基本の有り方が、バレーボールも仕事も大事なのかもしれませんね。

そのために、無心になることが必要なのかもしれませんね。不安や迷いを振り払って、純粋に楽しむことで道が開けると信じて。


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。