片山正通さんのDVD「プロフェッショナル仕事の流儀」感想

20190629_151041-640x480

何年ぶりだろう~。

私の大好きなインテリアデザイナー片山正通さんのDVD「プロフェッショナル仕事の流儀」を見直しました。

 

そうそう、あの有名な番組のDVDです。スガシカオさんの音楽が脳内にずっと流れてくる~(笑)

2010年のものなので、相当古いですね。

片山さんのデザインしたお店は、カッコいいのはもちろんなんだけれど、お客さんもどんどん入るし、カッコイイだけじゃない魅力がある。

買い物が楽しくなる店舗デザインをされています。

 

私はマーケティングをエクスマの藤村正宏先生からかれこれ15年ほど習っているのですが、DVDを見て、藤村先生がおっしゃっていることと、片山さんがインタビューで答えられていたことが、あまりにも似ていて頷いてしまいました。。

 

やっぱり私が惹かれるところには、共通点があるんだな~って思いました。

 

「片山さんにとって、プロフェッショナルとはどんな人ですか?」

そのインタビューに対して、

 

「自分が仕事を楽しんでいて、それが周りに伝染していくような人」

というお答え。

 

また、お店とはどういうものかという問いに対しては、

「お店は買い物をする場所ではなく、経験をする場所だ」というお答えでした。

インタビュアーが「つまり、経験をデザインされているということですね。」と。

 

その考えが根底にあるから、ただカッコイイだけじゃなく、片山さんのお店には、新たな発見がたくさんあって、お店に行くのが楽しいんだなって思いました。

 

私はワクワクするお店づくりを考えていますが、改めて、その考えを深めることができました。

片山さんのデザインの仕方で、すごいなあ~って思うのは、模型を詳細に全部作るということ。

建物だけじゃなく、テーブルや什器まで、そして、そこには洋服までかかっている。そこまでして、完成後を確認している。

そしてお客さんの目線になって、どんな順番で商品を目にするか、そういうことも全部想定されているということ。

緻密なデザインができるわけですね。

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。