「コンフィデンスマンJP」映画の番宣から見る、人はなぜ心が動くのか、を考えてみた

movie

こんにちは、牧野直子です。

大体私は映画は、子供の付き添いで行くとか、誰かに誘われて行くとかいうことが多いのですが、まったく行く気がなかった映画に気が付いたら、ポチッとチケットを購入してしまいました。

しかもレディースデイで平日水曜日の初回朝8時台に一人で観に行くという(笑)

なぜこんなに心が動いてしまったのだろう、それを考察することは、ワクワクを創作するのにきっと役に立つと思い、今日は映画の番宣をちょっと考察してみたいと思います。

 

何の映画かというと、長澤まさみさん主演の「コンフィデンスマンJP」という映画。

松阪桃李さん主演「居眠り磐音」の番宣

比較として、同じ日に公開された松坂桃李さん主演「居眠り磐音」の番宣をみてみましょう。TV局が変わっても、あの番組でも、あの番組でも、松坂桃李さんが出演していました。

あっちもこっちも、トーリ、トーリ、トーリ、トーリ、トーリ。

私、結構好きな方なんで大丈夫なんですが、

「トーリ君、普段出ないバラエティ、しかもあまり得意でなさそうなバラエティに、番宣で仕方なく出てるんだな、かわいそうだな、がんばれ~!!」

って思っちゃったんですよね。居眠り磐音の番宣だから、確かにこういう映画が公開になるんだ~、、っていう情報はキャッチできたのですが、それで終わり。

Amazonプライムでやりだしたら、見たいな~~。。っていう感じです。

 

心が動いたコンフィデンスマンJPの番宣

一方、長澤まさみちゃんは、バラエティの番宣などは、いっさいなし。全部チェックしたわけじゃないけれど、あまりお見かけしませんでした。

でも、土曜日の9時から、ドラマスペシャルとして、「コンフィデンスマンJP~運勢編~」がオンエアされたんですよね。

TVシリーズは、Tverで何度か見たことがあったので、気になって観てみました。

 

そうしたら話にどんどん引き込まれ、身を前に乗り出して観ていた。遠くで聞いていたダンナまで、TVの前に寄ってきて(笑)、最後まで2人でハラハラドキドキして観ました。

最初は、リチャード(小日向さん)やボクちゃん(東出さん)がチームを離れて、それぞれ単独で信用詐欺を行う話なのかと思ったんですよね。

そう思いきや、、彼らもダー子(長澤さん)にだまされていて、ん?いや、だまされてない??

全部違う話だと思ってたのに、全部、スルスルスルって話がつながって、大どんでん返し。

どんでん返しがさらにもう一回ひっくり返って、すっかりキレイに騙されてしまいました。

なぜ心が動いたか

しかも、このTVスペシャルは、映画の~ロマンス編~の後日譚という設定らしく、TVドラマ版ではいなかったキャラクターが増えていて、どうやらそれは映画でのお話にからんでいるらしい!

そんなことを嗅ぎつけたら、ちょっとこれはすぐに観にいかなきゃっ!と、いう衝動にかられてしまいました。

TVシリーズの続編と言うアドバンテージはあるものの、映画の後日譚という設定にしたのもうまいなあ~と思う。

そこに小さなフックを作って、映画とつながりを持たせてるんですよね。

お試し体験は効果大

観てね、観てね、観てね!の連呼だと、ちょっと宣伝くさくてイヤになってしまうけれども、映画の雰囲気をちょっと体験させてくれたスペシャルドラマ。

いわば、お試し体験みたいなもの。

ここで、つまんない~!!っで終わってしまったら、効果はなくなるけれども、俳優さんたちもはじけてて、ストーリーも痛快で面白くて、完全に脚本家の古沢 良太さんにまんまとやられてしまった。

お見事でした。

 

自分の仕事を宣伝するとき

これって、宣伝というのは、規模は小さくても、自分も経験すること。

この人の心が動いたからくりをしっかり胸に焼き付けたいですね。

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。