お客様は何を食べるか決めていない!だからこそ

yasai01

こんにちは、牧野直子です。

出先から直接バレーボールの試合に行くために、電車移動をして試合会場の最寄り駅でちょうど30分ぐらい時間が取れそうなので、何か食べよう、と思いました。

 

でもこのお店に行きたい!っていうわけではないし、これが食べたい!というわけでもない。ただあまり食べすぎると動けなくなるので、ちょい軽めに。というk何時。

とにかく30分で軽く食べて出てこられればOKです。

 

中野駅から試合会場までは、商店街が続いていたので、その中で何かあるかなあ、、とてくてく歩いていました。

 

そんな感じで、何が食べたいか、とか決まっていないことが多いんだと思います。

 

最初歩いていて、あまりこれ!というお店に出あわなかったので、チェーン店なら安心かなと、モスバーガーに入ろうと思ったのですが、歩いていて、博多豚骨ラーメンのいい匂いにひかれて、そちらにしました。

 

お客様は、何を食べたいか決まっていない。そういうこともよくあると思います。

そこで、おのお店に入りたい!って思うのは、店前看板でも、お店全体の雰囲気だとか、そのお店がなんらかの発信をしていることが大事だと思います。

 

そんな惹きつける要素はとても重要です!

 

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL