伝えたいことを、聞き手が興味深く伝えるって難しいから、練習するんです

20171122_101115-640x480

こんにちは、牧野直子です。

エクスマ塾のエヴァコースで米沢まで行ってきました。
エヴァとはエバンジェリスト。伝道者という意味で、エクスマを伝えていく人を育てるコースです。

私は、エクスマの考え方が大好きで、ずっとこれで行ってきました。
ビジネスマーケティングではなく、もはや、人の生き方。
これを子供達にも伝えていきたい、と思ったことが、エヴァに行こうと思った理由です。

今回は講義は3回目。米沢で合宿でした。お勧め映画の紹介と、他者紹介のワークをしました。

お勧め映画の紹介

まずどの映画を選ぶかで、その人の世界観がある。
そして、それをどうオススメするか、それが、伝えるための訓練になるわけですね。

特に他者紹介は、わかりずらかった職業の人が、わかりやすくなったり、自分ではつまらないと思ってたことが、他人から見ると、すごく面白かったり、価値があったり。

自分の魅力や、得意なことって、自分ではきづかないことが多い。
ほんとに、気付きの多いワークだなと思った。

それと同時に、伝わらなければ、存在していないのと同じと改めて思った。

二日目は、他者紹介

宿題では、第2講で作った講演のツカミの部分となる自己紹介を、さらにブラッシュアップしてくるということ、という宿題がでていた。
もちろん、自分で紹介するものだと思っていたら、なんと、それを違う人が紹介するという。

私も60分の講演内容を作って、そこから自己紹介を作っていっていたけれども、それは全然面白くない。と言われてしまった。

特に、すごい業績があがった人でもなければ、そんな人の講義を聞きたいって思わないんだと。

確かに。

武勇伝な経歴を持ったメンバー、会社の実績がすごいメンバー、個性的な社長たちに囲まれて、果たして私が歩んできた人生に、彼らに価値を感じてもらえる話があるんだろうか。

でも、他者紹介というワークの中で、チームのメンバーが、真剣に、時に面白がって、探してくれました。感謝ですね。

そうか。SNSって大事だよ、という全体の主旨がある中で、こういう切り口だと、みんなが面白がるっていうのもわかりました。

そこを参考に、また次までに考えなきゃ。

私が伝えたいことは、
自分を大切にすること。

半分、カリキュラムが終わり、後半戦。伝えたい話を伝えるって難しい。さて、頑張んぞ~!







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL