エクスマ塾エバンジェリストコースの振り返り

640スコット

エクスマ塾の上位コース エバンジェリストコースに2017.9から2018.2まで参加しました。

そこでの気づきをまとめようと思います。

 

 

全員が認めてくれなくったっていい。

私が大好きな人に良さが伝わればいい。

 

 

 

 

なんでそこまでキツク言ってくるの?と講座中に思ってしまっていたハッピーさん、卒業後にこんなツイートしてくれた。ツンデレです。素直に嬉しいです。

ハッピーツイッター

https://twitter.com/happy3939/status/963719127448788992

 

 

5回目まで、講演を作る作業は、苦行でつらいことばかりだったけれども、最後の6回目の本番での発表。私は12人中、一番最後のオオトリでした。

 

辛辣な批評をするサポートの講師。でもそれを遮るかのように、藤村先生に、いいシナリオだと思ったよ~。なおなおすごくいいじゃん~。って言ってもらった。

だから、すべてそこでほっとしたんです。

エクスマセミナーに聞きに来る、仕事にのめり込んで一生懸命すぎる人に向けて、講演内容を作ったけれども、私は、究極的にいうと、藤村先生がいいじゃん!って言ってくれればいいと思っていたから。

 

結果オーライ!って言ってくれる同期メンバー、なおなおすごく良かったよ~!と言ってくれた同期メンバー、本当に嬉しかった。

 

講演づくりは人生の軸づくり。

今まで行き当たりばったりで来たり、どちらに進むべきか迷ったり。。でもその状態だと、人に共感してもらえる内容にはならないし、自分だって、イッポン筋道が通らない。

 

最終回の発表は、私なりに、イッポン筋道がビシーっと通った。今までの自分の人生の悲運さも意味があることだとわかったし、この先どうしていけばいいのかがわかりました。

 

でもその筋道を作ることができたのも、厳しい言葉で質問攻めにあったからだし、同期メンバーにも、厳しいながらも励ましの言葉をたくさんもらったから。

 

だから、参加して悪かったことは何もないんです。

ここで、自分の軸ができたことは何事にも代え難いことなんですね。

 

 

 

 





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。