ダメダメは宝の山。考え方で行動が変わる

85249345ef98e3bb31e765a43b831aec_s

こんにちは、牧野直子です。

ダメは宝の山

Eテレでやっている「芸人先生」のアンジャッシュの授業で面白いことを言っていました。

アンジャッシュのすれ違いコントは、どうやってネタを考えているのか?っていう質問に対しての答えです。

それは、ダメダメから発想するということ。

具体的に言うと、若手の構成作家さんに、なんでもいいから、どんどんアイデアを出してもらう。でも、若手の作家さんだから正直そんなに面白くない。

こうしたらもっと面白くなるんじゃない?

っていうのを渡部さんと児島さんで意見を出し合うのだそうです。

0から1 というのは、アイデアを出すのは相当難しい。

でも1から2、1から3、4 というのは、経験値があれば、意外と出てくるものだ、ということ。

ダメに対してのマインドセット

つまり、「ダメなことには、貴重なアイデアを出す宝の山が眠っている」と言える。

この考え方と、ちょっと立場は違うけれども、私は、ダメなことを指摘するには、ちょっと気後れをしていたところがあったと思う。

というのも、すごい建築家先生や一流インテリアデザイナーならいいだろうけど、私なんか。。。

ものすごく収益をあげている起業家ならいいだろうけど、私なんか。。。

と、そういう思いもあり、なかなか思い切ることもできないのが正直なところでした。

でも、アンジャッシュの話を聞いて、その想いを断ち切ることができるような感じがしたんです。

ダメなことをダメ!!と否定するんじゃなくて、ダメなことは宝の宝庫、ありがたや~!!!と感謝しつつ、そこから面白いことをたくさん考えて行く。

そんなスタンスは、考え方を180°転換させてくれた。

マイナスのことをプラスに変換していこう

いかにマイナスのことをプラス に変換していくか。それによって、行動できるかどうかが変わりますね!

 

 

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL