楽しみながら学べる教育環境デザインって、何をしようとしているのか

20180521_135535-640x360

こんにちは、牧野直子です。

自分のサービスを考えることは、商品開発に似ている。
こうじゃないのかなと仮にやってみる。
そのうちに、ちょっと違う、と微妙なズレを感じる。
そして、さらに微調整する。

最初はズレがすごく大きかったけれども、修正していくうちに、その差がどんどん小さくなってくる。

その差がようやく芯に近づいてきた気がします。

私のやりたいテーマ

私がやりたかったテーマ、「楽しみながら学べる教育環境デザイン」なんだな、とすっと腑に落ちました。

環境デザインとは、社会貢献

子供の施設を主に手がける建築家、仙田満さんの著書、「人が集まる建築」のはじめにの部分で、こういわれています。

環境デザインとは、それまでの空間のスケールで分けられたデザイン領域座標に直行する座標で、「〇〇〇のための環境デザイン」というように、対象を明確にしたデザイン領域である。
例えば、こどものための環境デザインでは、都市、造園、建築、遊具、おもちゃ等、すべての空間デザインがその領域となる。物や空間中心の世界ではなく、そこに生きる人、社会を中心にすえたデザイン領域が環境デザインといれる。
すなわち環境デザインという仕事は、いわば社会貢献の仕事である」

私は、この〇〇〇の中 に、「教育」という言葉を代入します。

人を動かすには、楽しさが一番

何かを普及したい、何かを浸透させたい、何かをさせたい、そのような欲求がある場合、それに「楽しさ」を掛け合わせることが、一番効果があるということを経験則でわかっています。

実はこれ、私が「しょこいくモールプロジェクト」で活動していた中で実感したものです。だから、それも通るべく通った道だったんだと思います。

勉強だって、政治だって、何かの普及活動だって、それが、もともと楽しさがベースにあれば、どんどん行う。

人を動かすには「楽しさ」が一番なんです。

 

学びのための環境デザインを目指します

建築士の仕事といれば、建物のデザインに言及されることが多いけれども、私は、建築の空間デザインだけではなく、楽しく伝えるための方法論の構築や、そのための環境づくりの設定からやりたいのです。

建物だけじゃない、教育の領域を各分野の境界が溶け合った、包括された領域のデザインを研究、実践していきます。


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。