親は子供の能力を引き出すプロデューサー

daiya

こんにちは、牧野直子です。

子供もいろんな個性を持っていていますよね。
うちの子も、お姉ちゃんと弟で、性格が全然違う。

お姉ちゃんは慎重派、自分ができなさそうなことは、なかなかチャレンジしない。
弟は、できないのに気にせずなんでもやる。面白そうなら、なんでもやってみる。

なんで姉弟で、こんなに違うんだろう。笑。

親は子供の能力を引き出すプロデューサー

でも、その子その子のいい面を見て、そこを伸ばしていくのが、親の役割だと思う。

最初のうちは、我が子は何が好きなんだろうってわからないと思う。

だから、いろんな経験をさせてみることで、我が子の好きがわかってくる。
でも、小さい時は、やっぱり遊びやゲーム、TVが好きだというベースがあるから、そこか入る、という認識を持とう。

遊びの中から視野を広げる。そこから、いろんな体験や、いろんな知識、いろんな勉強、を広げてあげる。
その中で、子供が何度もやろうとすること、目がキラキラするものが必ず出てくる。

すると、それを何度もやってみたり、もっと深堀りしてみたり、ということで、さらにその子の好きが深まってくる。

そんな環境を、親がサポートしてあげららればと思う。

そして、子供が大きくなるにつれ、子供は自分の好きがわかってくる。

 

わが子プロデュースのステップ

プロデューサーとは、

STEP1 場を与える
STEP2 観察する
STEP3 原石を見つける
STEP4 原石が光る行程を施す
STEP5 販売ルートを作る

その子の中にある、原石を見つけ、光らせ、その宝石がもっとも喜ばれるであろう販売ルートを開拓する。

これはビジネスと同じ。

それを子育ての段階で親がサポートすることができれば、好きなことをしながら、お金も稼げて、社会にも貢献できる、そんな人生への近道を作ってあげることができる。

 

プロデューサーとは、けっして、自分の枠を子供に押し付けることじゃない。

その子の良さを伸ばして、人に喜ばれるぐらいになるまで、育てる、ということだ。

 

 

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。