ドラマ、コウノドリから、ありのままの自分の価値を気付かせてもらった

komorebi

こんにちは、牧野直子です!

綾野剛さん主演、産婦人科を中心に展開されるドラマ「コウノドリ」の第2シーズン、めちゃくちゃハマってます!
初回から見たかったゼ。

きっかけは、たまたま

ある程度設計が終わって、それをきれいに清書する製図の作業は、ほとんど考えなくてもできるんです。だから、いつもユーチューブなど動画をBGM(バックグラウンドムービー)にしてやるんですね。

それでたまたま見たのが、コウノドリの第2シーズンの第4話。

自分がこの世に生まれてきた奇跡、そして、赤ちゃんを産んで育てる奇跡、いろんなものがじーんと来て、すっかりはまってしまいました。

そして、amazonプライム、長らく会員になっていたものの、無料の動画が見られることを今まで知らず(笑)、それを別の機会で知って、見てみたら、なんと、コウノドリの第1シーズンが全作見られるじゃないですか?!

3日間かけて、全作みちゃったよ~。

ダメなの。

気になると、全部見ないと、気が気じゃなくって、他のことが手につかない(笑)。

毎回、目をはらして、号泣号泣。

映像と音楽の力、やっぱりすごいよね~!!

一番、ハマった回は女医さんの話

私は大病院で出産したんですが、まわりはみんな点滴さして寝てるのに、唯一健康妊婦ということで、助産学校の学生の材料になったぐらいなので、お母さん側の難産のストーリーよりも、第一シーズンの9話で、バーンアウト(っていうんだね!)してしまった、女医の先生のことが、自分と重なってしまいました。

バーンアウトという言葉をこのドラマで初めて知ったので、いろいろ調べてみると、めちゃくちゃ闇が深い。

医師や教師など、人に関わる仕事をしている人がそうなりやすいって。自分のせいで患者さんを亡くしてしまったとか、自分を責めてしまうんだろうな。

そして、一度バーンアウトしてしまったら、同じ職業に戻ってこられる人は少ないとも、書いてあった。

バーンアウト、そっか。

私のどん底時代も、それだったんだ、とわかりました。
ようやく、その時のことを笑い話にできるようになったし、また建築の仕事ができるようになった、ということは、とても素晴らしいことなんですね。

ドラマに教えてもらいました。

今、自分が生きてきた人生で、人に伝えられること。
バーンアウトしないための心のありかたや、そうなってしまった場合の復活の仕方って、自分が伝えられる価値のある話なんだなって。。

私なんて価値がない、なんて落ち込む必要なんてない。伝えられる話はたくさんあるんだ。私は私で素晴らしい、と、今一度、勇気を与えてもらいました。

講演、がんばるよ~!

 







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL