サッカーワールドカップから、家族の会話、お勉強に広げてみました。

ded7054e46204943cf3273cf1932a04e_s

サッカー、ワールドカップ盛り上がっていますよね。

私は特にサッカーファンというわけではないんですけど、大学生のとき、ちょうど初めて日本がワールドカップの出場が決まるという大きな事件があって、建築学科の友人(全員男性です)と一緒に、テレビにかじりついて応援した思い出がありますね。

建築学科の友人たちが、サッカーするのも好きで、私一人女性だったんですけど、体を動かすのは好きで、放課後よく、一緒にフットサルをしていました。

ワールドカップのお祭り気分で、日本国民が一体になる感じが面白いなあって思っています。

他の競技だと、オリンピックでもそこまで行かないよね。

今は、ワールドカップだろうがなんだろうが、特に主人は興味ない人なんで(笑)、我が家ではあの一体感を感じることができないのが、少し寂しいです。

でも、子どもたちは、ニュースで流れてくるサッカーに興味を持っているようで、朝ごはんのときに会話が出てきたりします。

するとお父さんが、「決勝トーナメントに行けるのは32チームです。さて、次に勝ったら何チームになるでしょうか?」

って、算数の問題が!夫は家庭教師なんで・・。

娘は、うーん、暗算できないから、紙に書いていい?って計算して、16チームって答えが返ってきました。

ひっ算しなくても、できるよ!と夫。

32は4×8だろ。
4か8のどっちかを2で割ればいい。

4×4=16 だし、
2×8=16

答えは16。

まあ、そんな会話が繰り広げられています。

これだと算数の問題になるけれども、ワールドカップは世界各国が参加している。

ワールドカップ出場国を、地球儀で探したりするのも面白そうですよね。
日本の対戦国、コロンビア、セネガル、ポーランドは調べましたよ~。

うちの家庭は、ちょっと違う楽しみ方ですが、子供たちがもう少し大きくなったら、一緒に鑑賞できるかな(笑)。話題になってることから、いろいろ勉強につなげるのも面白いです。





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。