木をふんだんに使った内装って、どうしてあったかさを感じるの?

yokohama_013

こんにちは、牧野直子です。

芸人さんの言葉のセンスってどうして、あんなに面白いんだろう~って思います。

ダウンタウンの松本人志さん、まっちゃんが、すべらない話で、駐車場に閉じ込められた時の話。めちゃくちゃ面白かった。

駐車場から出ようとした時、カギがないことに気づいて、完全に閉じ込められてしまった。唯一、EVホールの前がガラスなので、そこをぶち割ろうとするんです。でも、強化ガラスだから全然びくともしない。

その様子を、「バイ~~ン、バイ~~ン」って身振り手振りで表現する(笑)。

この言葉の伸ばしぐあいや、最後に「ン」をつけるあたり、センスあるよね~。

  
ではでは、今日は「木のあたたかさ」についてです~!
 

木をふんだんに使った内装って、どうしてあったかさを感じるの?

保育園でも、介護施設でも、木を内装に使ってください、とよくリクエストされます。

なんとなく良さそう、と体感的にいいと感じることが多いと思うんですが、科学的な裏付けもあるんです。

 

木の色

木の色は 色環の中で、YRという黄赤(Yellow Red)色系の色が多いんです。
YR系の色は、焚火や太陽の色に近いので、温かさを感じるんですね。

お風呂でお湯は赤、お水は青、と全国で決まっている。そして、その決まりを知らない人でも、どっちがお湯か想像できます。

それぐらい、「火の色である黄赤はあったかい」と、脳にすりこまれてるんです。

 

木は熱伝導率は少ない

木はね、熱伝導率がとっても低いんです。熱伝導率って何かっていうと、さわったときにどのぐらい熱が移動するかってこと。

木材は、鋼材の熱伝導率の1/450、モルタルの1/13、ガラスの1/8って、圧倒的に熱伝導率が低い。

つまり、金属をさわったとき、サーっと冷たい触感がするのは、金属をさわったと同時に、手の体温が金属にうばわれるから。

木をさわったときは、熱がほとんど奪われない。だから、ヒヤッとしないんです。

 

木はあったかい

理由がわからないけど、なんとなく~、、というよりも、言葉にしないまでも、なぜかが分かってたら、スッキリしませんか。

他にも木質の内装のいいところは、たくさんありますので、ちょっとずつ紹介していきますね!
今日はここまで。ありがとうございました!





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。