壁面のディスプレイをセンスよくまとめるコツ

壁面のディスプレイをセンスよくまとめるコツ

こんにちは、牧野直子です。
ディスプレイをするのって、テーブルの上が多いですよね。でも、壁面も立派なディスプレイ空間。

壁面ディスプレイで、キレイに、まとまりがあるように見せる壁面の飾りつけのポイントです。

 

中心ラインを決めて飾る

大きさがバラバラなものを飾る時に、有効なのがこれ。

中心線を決め、それを基準にアイテムを一列に並べていきます。大きさが違っていても、まとまりを感じるようになります。
規則性を重視するディスプレイにおすすめの構成です。
20190215

20190216

中心ラインを決めてジグザグに飾る

縦に中心ラインを定め、そのラインの左右交互にディスプレイする方法です。
この場合は、飾るものの大きさが同じで、パターン化されていたり、シリーズになっているものだと、効果が出ます。

20190217

架空の枠を決めて飾る

架空の枠を作って、その範囲でディスプレイ物を飾る方法です。

飾るものの形が、四角だったり、楕円だったりしていても、集合的にまとまって見えるようになります。

きさや形がばらばらなものを飾る時におすすめです。

この枠は、必ずしも、四角形にしなければいけないわけではなく、枠を円形や楕円形にしたり、斜めのひし形にしたりしても、面白いと思います。

飾る場所と飾るものを、見ながら考えてみてくださいね!
20190218

壁面のディスプレイ

20190213

フレームに、写真や絵や布を入れて、たくさんまとめて飾ってみたりするのは、かわいくて大好きです。

壁面ディスプレイでも、普通のディスプレイでも、共通していますが、
「まとまり」を作るようにしたり、ぎちぎちにしないで、「何もない場所(間)」を作ったりすることで、センスよく見えるようになってきます。

かわいいディスプレイを作ってみてくださいね~。


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。