家でバレーボールの練習ができるようなワクワク住宅を考えてみました

11001

こんにちは、牧野直子です。

バレーボールが好きすぎで、家でもボールにふれていたい、という方のためにどういう感じの住まいがいいか考えてみました!

(ちなみに前半はこちらの記事)

バレーボールには天井高さが必要

バレーボールって、他の球技と違うところは、パスをするにしても、アタックをするにしても、ボールをはじくのが基本なので、天井高さが必要なんですよね。

だから、普通の2.4m天井では、ほとんど何もできません。一人で頭上パスするにしても、Aクイック並みの短いトス練習しかできないし。

コート一面までは必要ないけれども、そういったバレーボールのちょっとした練習ができる家ってことで考えてみました。

一番必要なのは、天井高さ。だから、練習できるエリアは吹き抜けになっていて、天井が高くなっている。

壁打ち練習ができる丈夫な壁

一人で練習するには、壁打ちをすることが多い。

オーバーハンドのパスや、アンダーハンドのパスを壁を相手に。
また、アタックの練習になるのが、連続で壁打ち。これが結構、難しくて、ボールが打ちやすい同じ位置になかなか戻ってこない。これを練習するだけでも、ボールのミートがかなり良くなるはず。

こういった練習をするために、必要なのは、頑丈な壁。壁打ちをする部分は、コンクリート壁で考えました。

ここには窓は一切もうけず、とにかく壁打ち専用の壁です。

11001

【バレーボールの練習ができるワクワク住宅】

 

ネットやラインは距離感を知るために

一人での練習では、サーブ練習もしたい。
そうなると欲しいのは、ネットと、コートのラインです。
ネットは一つの目印だからとても重要。
大きさを知るために、コート のラインも欲しい。

もしも縦の距離がなくても、壁のどこらへんに入れば、コートの中に入るかわかるような、印が壁にあればOK。

ネットがあると、アタックの一人打ちもできますしね。
もしも誰かが、トスをあげてくれれば、その練習もできる。

ダイニングキッチンと一体に。でもボールは入らないように

ダイニングキッチンは、練習エリアのすぐ横に。
空間は一体的に、でも、ボールは入ってこないように、フェンスでできた扉をつけてみました。

窓や天井も、ボールの跳ね返りに注意

窓は、コンクリート壁以外のところから。
ボールが当たって割れないように、木をボーダー上にして、その裏に窓を設置しました。
ここから日光を受けるから、吹き抜けの高さいっぱいです。

天井も、吹き抜けとはいっても、体育館ほどの高さはないので、ボールが当たることもある。だから照明も天井から出っ張るかたちではなく、ライトの部分だけ掘り込んで、そこに設置しました。
これならバレーボールが入ってライトが割れない。

床は体育館仕様

床は、体育館仕様のフローリング。練習エリアの部分は、クッション性のあるプラスチック素材の下地を下にひきます。

 

バレーボールの練習ができる家

こんなイメージですね。
住まいの広さにもよるけれど、工事費は、2800万円ぐらいでしょうか。
でも、自分がワクワクする住まいだったら、いいですよね。


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。