家でバレーボールの練習ができるようなワクワク住宅とは?

20181022_184902-640x480

こんにちは、牧野直子です。

最初は、PTAのバレー部に声をかけてもらって、運動不足解消にいいかな~なんて思って軽い気持ちで始めたのが最初。
しかし、やればやるほど、面白さがわかり、練習が終わった時には、早くまた練習したいと思う今日この頃です(笑)。

でも、仕事も子育てもしているから、毎日行くわけにもいかないし。
自宅で何か練習できればな、とも思うのですが、一人で連続パスをするにしても、普通の天井じゃ、すぐぶつかってしまうし、何もできないもどかしさ。

個人で体育館を借りるなんて、とても無理だしね~。

 

家でもバレーボールの練習ができるようにするには

ということで、バレーボールが大好きで、家でもボールをさわっていたい!
そんな人のための ワクワク住宅を考えてみます。妄想で。

 

バレーボールは天井高さが大切

他のスポーツと違って、バレーボールの練習で求められるのは、天井の高さです。

バスケットだって、野球だって、サッカーだって、テニスだって、球技にもいろいろあるけれど、それらはそこまで高さは必要がない。
でも、バレーボールは、普通のパス練習をするだけで、高さが必要です。

もしも試合もできるバレーボールコートを入れるとすると
バレーボールーのコートの大きさは、9m×18m。そのまわりに3mのあきが必要です。
正規の体育館の天井高さなら、12mは欲しい。

つまり、広さは15m×24m=360㎡  帖でなおすと、217帖。

うわあ、普通の住宅で考えると、スケールが違いすぎますね。

優先順位をつけて取捨選択

これでは、住宅の機能がまったく取れません。

コートそのまんま入れたら、他の生活ができな くなるから、もうちょっと小さくしてみよう。

家でどんな練習をやりたいかと言えば、家でやりたいなあと思うのは、

パス練習や、スパイクの練習、サーブの練習。
せめて壁打ち練習だけでも、と思うと、どのぐらいの広さが必要なんでしょうか。

壁があったら、一人でパスの練習ができるから、5m×5mぐらい 25㎡つまり、15帖。
これに高さが7mぐらいあれば、パスの壁練習ができそう。

もうちょっと欲を出して、縦の距離を取ってみようか。

縦の長さも相手コート9mと余白1m、味方コートは、ジャンプの助走長さ3mと余白1m、合計14mあれば、スパイクやサーブの練習もバリエーションが出てくる。

ということで、5m×14m 470㎡つまり42.2帖 あれば、一通りの練習ができそうだ。

 

内装の仕様

では、建物の仕様はどうしようか。
床の仕様は、スポーツ仕様がいい。壁は、壁打ちができるよう、ある程度、強度のある壁に囲まれていたほうがいい。
本当の体育館だと、床にクッション性を持たせるためにも、二重床にする必要があるけれど、そこまでの機能を作ってしまうのも、、。

と、いろいろ探していたら、こんなスポーツ床を作っている会社を発見。

クリヤマ株式会社のHP

二重床ではなくて、住まいの床を作るのと、ほぼ同じ工法で、下地に特殊なゴムの製品を入れるだけのよう。かなり簡易に体育館の床が作れそう。

ということで、バレーボールの練習ができるワクワク住まい。とりあえず、今日はここまで。

さらに詰めていきたいと思います。


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL