POPに何を書けばいいか。POPを書く場所、書くものがなければ作ればいい

N03s

こんにちは、デザインとマーケティングで、お店をお客さまから愛されるワクワク空間に変える一級建築士、牧野直子です。

私は、事務所の一階の通りに、A型黒板を置いています。いわゆるお店を開いていないので、私の唯一といっていいお店がこの黒板ですね。

毎日、何気ない一言を書いたり、お役にたてそうな一言を書いているのですが、その裏の一面に、手作り小冊子を置くようにしてみました。

N01s

毎日、1冊、2冊程度ですが、持ち帰ってくれる人もいて、なくなっているのを見るたびに嬉しくなります。4年ほど前、POPを書く練習をしたいと思ったときがあったのですが、その時は、自分に商品がないので、大家のお花屋さんのPOPを書きました。

でも、どん業種でもPOPは書ける!という信念に今はなっています。だから、私にも書く場所はある。書くところを作ればいいだけ。書きたいと思う商品を作ればいいだけ。

それがわかったからこそ、今は、書いてみました。

POPに書くことを意識して描いてみました。

N03s

どういうことを書いていけばいいか

POPを書く時にも、がむしゃらに書いたわけではなくて、一応、意図をもって書いてみました。それぞれをご紹介します。

みなさんも、自分のお店や商品 に置き換えて考えていただければ嬉しいです。

1.「商品のこだわり」

建築士の提案は、大きな工事ありきと思われていると思いますが、そうではないところからできることがたくさんある! それを考えたのが、この小冊子のこだわりだから。 それをPOPにも書きました。

N04s

 

2.「お知らせしておきたいこと」

小冊子は、同じものじゃなくて、各サービスごとに作って、シリーズになっているということを伝えています。 お役に立てると嬉しいな。

N05s

 

3.「他の同業者に負けないと自負していること」

私は、マーケティング歴15年が、他の設計事務所とは一番違うところ。 だからこそ、お店の人たちのためにお役に立ちたいし、立てるのだと思います。

N06s

4.「オススメできる理由」

一つ一つの項目に、オリジナルのイラストスケッチがあるということ。 だから、イメージしやすい。 だから、わかりやすくて、行動しやすい! ということを書いています。

N07s

 

他にも書くといい内容はあるのですが、また別の機会に。

以上、あなたのお店のPOPを書くときの参考になれば嬉しいです!

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。