マイナスイメージを、無理矢理でもプラス変換することで得られること。

20180804_130914-640x360

マイナスのことを言われた時に、それをどうやってプラスに考えられるか、とにかくそれを脳内変換できるように鍛えておこう!

というのが、サーカスでの坪田先生の言葉で印象的だったもの。

 

それを変換していくのは、結構、練習がいるかもしれません。

 

私が、悩んでいることや、言われてヘコンでいることを、変換してみます。

 

 

デブ、体重が減らない→ 〇〇グラム減ることで喜びが生まれる。体重が減ったら、見直される。

 

ダサい、ぶさいく → 依頼を受けなくても自由制作できる作品が手に入った。

 

何をやってもうまくいかない → 神様に楽しみを最後にとっておかれた選ばれた人間。

 

すぐダマされる → どんな人間も信頼できる人

 

結果が出ない状況  → ここまでやって結果が出ないなんて、ウケる!!!ネタができる

 

 

 

そんな風に、マイナスだと思っていることを、どんどんプラス変換してみましょう!うまく行く秘訣はそれだけだそうです!!!

みなさんも、もしマイナスのイメージがご自身にあったら、変換してみてくださいね~。


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。