影を使った遊びから、面白い場所を作ることができる!

14c4e1d571f6a4714d0c94598505f3ba_s

こんにちは、牧野直子です!

テレビで、MOTION SILHOUETTE(モーションシルエット)という絵本が紹介されているのを見ました。

絵本というのは、絵とお話がそこに描かれているのが普通ですよね。

このモーションシルエットという絵本は、飛び出す絵本のようになっていて、その飛び出した部分に光をあてると、その陰が絵本の台紙に映り、いろいろな物語につながっていく、という絵本。

いわば絵本の中の絵が光によって動き出すのです。

面白いな~、デザイナーだな~って思いました。

光を当てる角度によって、列車が動いているように見えたり、イナズマが光ったりするように見えるんですよね。

それはお話をしながら、絵も読み手が動かしていける絵本。

インタラクティブなんです。

影絵遊びでは、手でいろいろな形を作って、お話をしたりしますが、それに絵本という媒体が加わって、お話をサポートしているって感じなのかな。

イタリアの幼児教育として有名なレッジョエミリアアプローチの中にも、太陽の影を使って、アートを作ったりしています。

透明に色のついたセロファンを窓に貼ったりする。

すると、太陽が落とす角度によって、アートでカラフルな影がどんどん移動したりする。
そこに、面白さが見出されますね!

影を遊びや教育に取り入れた空間、ぜひ作ってみたいです!





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。