エクスマ藤村先生のアドバイスで、私が変えて行った行動(後半)

DriYyAmU8AAFMwp-640x443

こんにちは、牧野直子です。
2018年、エクスマで行動してきた私の振り返りの後半の記事です。

(前半はこちらです。)

小冊子を作ってみたら?

そしてその次に教えてもらったのが、小冊子を作って、それをHPに張り付ければいいんじゃない?と言われました。

その内容を小出しにブログ記事にするといい。

そして、即、モチベーションアップのオフィス作りという冊子を作り、PDFをブログにアップしました。

そしてブログ記事にもしました。

Facebookで発信したり、ツイッターで発信もしました。

でも、ほとんど反応はありません(笑)

は~厳しい。。

 

写真をキレイにしよう!

私の撮っている写真が、あまり美しくないとスタッフのあいだで出たようでした。スタッフの方が、デザイナーなんだから、もっと写真をキレイにしようって言われました。

アプリで明るく加工したり、ちゃんとしていたんですが、、デザイナーっていうことで、一段高い次元を求められるのか、、ってちょっと愕然としました。

でも、そこで何もしないんじゃいけない。

すべては無理だけれども、料理の写真は、一眼レフで撮ろうと思いました。

気に入る写真が撮れるまで、何回も何回も撮り直しました。ツイッターにあげる写真でそこまでする??と思いますが、がんばりました。

 

交流しよう

自分で発信するだけじゃなくてね、人の発信を見て、コメントして、交流して、、。エクスマで、友人を増やそうと思っています。

11月のエクスマ同窓会で、ドライブに誘ってもらったのも嬉しかったなあ~。

同窓会では、久しぶりの人、初めての人、いろんな人にお会いできました。

そして、エクスマで仲良くなった人の商品を買ってみたり、そのお店に行ってみたり、行動を変えていきました。

 

自分がワクワクすることをしよう

事業がヤバイからどうしたらいいでしょうか?っていうから、あかんねん。と、事務局の方に言われたのですが、それもそうだなと思い、仕事の中でも、自分がワクワクすることをしようと思いました。

そして、何がワクワクするかな?と思い、まずは、藤村先生が動物園から意見を聞かれているというので、動物園の提案をすることにしました。1か月ぐらいかかりましたが、その提案を考えているときは、とてもワクワクしました。

私の案が採用不採用どちらでも、インスピレーションを受けてもらえばうれしいし、何か面白いものになればいいなあって思いました。

そうすると、誰かのために、妄想でワクワク楽しい建築を考えることは、とても楽しいなって思ったんです。

 

そして、妄想のワクワク建築シリーズを始めました。それをブログ記事にしていきました。

 

 

ダンナを大切にしよう

そして、その後の藤村先生のアドバイスは、なおなおは、ダンナさんを大事にするといいよ。自分がうまく行きだすのは、子供やダンナがうまくいってからなんじゃないかなって。

自分の事業の成功は、遠いな~~って思いましたが、しょうがない(笑)

ダンナさんを今まで以上に大切に。

いい夫婦の日に花束を贈りました。

それまでは、パワハラやいじめの愚痴ばっかりこぼしていたので、それはダンナもつまらないだろうな、、とそういうことを言うのはやめた。その前に、パワハラをやめてください!ってその方に、盾つきました。

結果はまだまだだが、確実に変化はしている

まだまだ仕事に結果は、まったく出ていないけれど、

ダイエットはマイナス9キロ。

いじめられて、しがらみのあったバレー部の人とは、相手の誤解だったところを認めてもらえて、完全無視状態はなくなったかな。

PTAじゃなくて、別の練習がもっとハードなバレーボールのクラブチームに参加することになって、ますますバレーボールが楽しくなったこと。

毎日頭を悩ませていたパワハラも、たぶんおさまった。

未払いで半年間音信不通だったお客様から、連絡がきてすべて支払ってもらった

仕事の結果は出なかったけれど、私が頭を悩ませていた諸問題はすべてなくなったように思います。

しがらみがなくなり、ゼロになった状態で、2019年へ突入。

2019年は、プラスに転じることができればうれしいです。

 

 


お客様がファンになる!お店インテリア診断


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。