設計作業での素材の選定は、めちゃくちゃ熟考し、吟味します

20180714_175545-640x480

こんにちは、牧野直子です。

設計の際、素材を選定していく作業には、これでいいのかどうか、細かい理由を考えながら、選択しています。
そのお客様のライフスタイル、工事費、デザイン、それはそれは考える理由がたくさんあるんです。

そこまで考えてはじめて、使ってみて使いやすい、居心地がいいにつながるものだから。

だから、めちゃくちゃ時間がかかります。

今、デスクと収納、本棚を兼用した壁面家具を考えているんだけれど、たとえば、デスクに取り付けるコンセントをどうするか?

これ一つでも、めちゃくちゃ考えるわけです。

デスクの上での作業はノートパソコンなのか、デスクトップなのか。
もしデスクトップだったら、コンセント類は固定だから、大きな穴をデスクにつけとけばいいんじゃないか。そして足元のコンセントから、引き出せばいいよね。

でも、延長コンセントがごちゃごちゃするとかっこわるいから、テーブルの脚にマグネットでくっつけられるように考えたいな。

もし、ノートだったら、ここの場所以外にも、いろいろ移動するだろう。
だったら、家具にコンセントを取り付けたほうが使い勝手がいい。

どのぐらいの頻度で使うんだろう。

この場所にずっと置いておかないんだったら、デスクの上のコンセントには、埃がたまっちゃうとまずいし、もし飲み物を置いて、こぼしてしまったら、とてもヤバい。

それに、安く仕上げるためには、これだけのために電気工事屋さんを呼ぶのはどうだろうか。。

じゃあ、コンセントタップをデザイン性の高いものを選んで、デスクの上の置いておけばいいんじゃない。

そしたら、普通の配線孔だと小さいから、一回り大きい配線孔にしたよね。

どうせだったら、テーブルと色を一体化させたいな。

まあ、こんな感じで、ひとつひとつの選択を丁寧に考えていっています。

お客様には、そこまで熟考したことは伝わらないとは思うけれど、使ってみて、使いやすいな、と思っていただければいいわけです。

そんな感じで、まだまだ選定作業は続きますが、がんばります。





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL