算数の立体の切断の問題は、実際のものでやるとイメージがしやすいよ~

nasu03

こんにちは、牧野直子です。

小学生の算数で、よくわかりにくいものの一つに立体の切断問題があります。

立方体を頂点を3つ通るように切ったら、正三角形だとか、すべての面を通るように切ったら六角形だとか、あれです。

3次元の問題だから、2次元で考えるのって難しいんですよね。

そんなときに、イメージのサポートをするのが料理。

大根でも、人参でも、なすでも、豆腐でも、いろいろ切ってみるとイメージしやすいですよ。

娘が、立体問題がよくわからない~というので、なすでやってみました。

nasu01
【なすを立方体、円柱、円すいなどに切る】

 

なすがいいのはね、立方体も、直方体も、円すいも、円ちゅうも、いろんな形が作れるところ。

そして、どんな形で切りまくっても、なんとかなる麻婆なすが作れるところ(笑)!

nasu02
【切ると、正三角形や、楕円やいろいろ出来る】

 

切り刻んでも、ゴミにしないで、おいしく食べられるからいいよね。

nasu03
【そのあとは、麻婆なすでいただきます~!】

お母さんたちが、こんなふうに勉強教えられたら、きっと子供たちも楽しく勉強できるよね!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。