リビングにも収納があったほうがいい三大理由。スッキリキレイに片づけの極意

hondana

こんにちは、牧野直子です。

みなさんのおうちのリビングには、収納空間がどれぐらいありますか?
リビングには、収納が少ないお宅がとても多いんです。

リビングやダイニングにも収納が欲しい

リビングダイニングは、広く取りたい、窓を明るく大きく取りたい、という希望が多い場所。だからこそ、収納をなかなか取れません。

でも私は、リビングダイニングこそ、収納が必要だと思っています。

リビングは家族が集まるところ

リビングダイニングは、家族が集まるところ。だから、衣服以外に、家族が必要とするものがそこにはたくさん集まってくるものなのです。

例えば、子供が小さい時は、お母さんがそばにいるリビングで、おもちゃで遊びますよね。
小さい子供を、別室で一人で遊びなさいとは言えません。必然的に、リビングにおもちゃが増えてきます。

結局、収納がないと、カラーボックスや本棚などがどんどん増えてきて、結局、広くとったはずのリビングがどんどん狭くなります。

だからこそ、最初から、リビングダイニングには、収納を計画しておくべきです。

大きなウォークインクローゼットにつながるようにしておいたり、天井まであるような壁一面の収納などは、最初の計画に盛り込めるなら盛り込んだほうがいいです。

リビングはお客様も呼ばれる

それから、リビングダイニングは、お客様がよく集まる場です。おじいちゃんおばあちゃんが、遊びに来て、一緒にご飯を食べたり、子供のお友達が遊びに来たり、お客さんがよく集まります。

だからこそそういう意味でも、ONとOFFを分けられる空間が、リビングダイニングには必要です。

お客さんがいらっしゃるとき には、さっとバックヤードに見せたくないものをしまう。
主婦としての家事のしやすさにもも、リビングダイニングの収納は大きくかかわってきます。

キッチンの収納は、食器やゴミだけではありません。お水や調味料のストック、お米や缶詰のストック、たくさん収納に入れたいものがあるんです。

家事をする上でも、来客時に人に見せたくないものをしまう上でも、リビングダイニングに収納はたくさんあったほうがいい。

だからこそ、リビングダイニングに収納をきちんと考えておきましょう。

リビングに収納があったほうが絶対いい三大理由 まとめ

リビングは、家族の居場所。家族のものをしまえる収納を作ろう
リビングは、お客様も来る。ONとOFFをわけやすくする収納を作ろう
リビングに、家事作業の効率があがる収納を作ろう

以上です。

子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。