デザインで、トイレの混雑を解消できちゃう~。

ud640

デザインで、トイレの混雑を解消できちゃう~。

こんにちは、牧野直子です。

駅のトイレ、サービスエリアのトイレ、劇場にスポーツ観戦のトイレ、どうして、あんなに女子ばっかり混んでるの~~!!って思ったことありますよね。

特に女子は。
それはね、トイレの計画が、現実の利用状況に合ってないからなんですよね~。

劇場やスポーツ観戦の場合は、トイレが集中してしまう

劇場や映画館、スタジアムといった施設では、トイレを使う時間が集中してしまう。
幕間やハーフタイム、上映開始直前、といったようにね。

誰だって、トイレのせいで本番を見逃すことは絶対イヤだから~。

デザインでトイレの混雑を解消

デザインでトイレの混雑を解消する事例がありました。

川崎フロンターレの本拠地・等々力陸上競技場です。

スタジアムの改修を行ったのは、日本設計。

トイレの中の壁は女子なら赤、男子なら青に統一されている。
一方、ドアは全部白。

人がいきかう通路側のトイレの壁は白。
つまり、個室のドアがしまれば、見た目でそこが白が浮き上がってくるので、どこがあいているかがよくわかる、というデザイン。

そして、トイレとトイレの間の通路に、独立した手洗い場を設けている。

そして、出口は入口と反対側に設けられていて、手を洗った人は、そっちに行くようになっている。
待っている人の列と、終わった人の列が、交錯しないってことですね。

トイレの設計でも、デザインの工夫で、待ち時間を減らせるってこと。

どこが空いているか一目瞭然のデザインにする
人の流れを一方通行にして、人の流れをスムーズにする

こんな工夫がされています。

入口と出口を分けたので、どこに出てきたかわからなくなる、というデメリットがありますが、それも、最初のところに戻れるように動線を工夫したそうです。

ここを設計した人の目標は、ハーフタイム15分の間に、全員が席に戻れること。だそうです。

こういったデザインが、行動を変えていくデザインですね。
私も目指します~!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。