お客様を楽しませる工夫を!~スーパーマーケット 勝手にワクワク創作塾vol.17~

13cfcc820591319f6e1400d8b6068691_s

こんにちは、牧野直子です。

私が住んでいる新宿区は、スーパーマーケットの激戦区のようです。自転車5分圏内に、大型スーパーで5つ。まいばすけっとなど小型スーパーも入れたらもっとたくさんあります。

そして老舗のスーパーが、どんどん閉店になってしまっています。

スーパーマーケットって、品揃えや安さが勝負どころになると思うのですが、どこもそんなに違いがない、というようになると、どうしても新しく出来たキレイなスーパーに軍配があがってしまうのかなって感じです。

その中でも私がよく使うスーパーは二つ。

若松河田のライフと、東新宿の業務スーパー。

ライフと業務スーパー

業務スーパーは、種類があまりないかわりに、置いてあるものは厳選して安くしている。特にお肉系が安いです。私の大好きな豚しゃぶ用の豚肉は業務スーパー。その代わり魚類は冷凍しか置いていない。

それと、缶詰、ジャム、乾物などは世界各国から仕入れているので、それを発掘するのも楽しかったりします。

逆にライフは、自家製パンやお惣菜が豊富で、魚も新鮮なものがたくさんあります。

特色が全然違うので、使い分けをしています。

またライフは、ハロウィンやクリスマスなどの季節イベントの時、おススメの料理を作って惣菜売り場に展示してあったり、子供向けにクイズラリーやゲームがあったり、楽しい企画があるんですよね~。

こういったことも大好きです!

閉店してしまったスーパーは

一方、閉店してしまったスーパーのことを今言っても仕方ないのかもしれませんが、こういった工夫が少なかったかなあっていう印象がしました。

激戦区の中で、それぞれの個性を出していくにはいろんな方法があると思います。

例えば、

・このスーパーに行けば、今晩のメニューに迷わなくても済むように、野菜の横にレシピが置いてある
・欲しい商品がどこにあるか絶対迷わないようになっている
・オリジナルのおいしいお惣菜がある
・楽しいPOPが書いてあって、買い物が楽しい
・レジのパートさんがとても楽しい人
・まぐろの解体ショー などのイベント

など。個を出すアイデアはいくらでもありますよね。

ポイントカードなんて、どこのスーパーだってやってるし、安売りだってどこのスーパーもやってます。

だからそれと同じことをやっても、他店と一緒になってしまいます。

大切なのは、独自化ですよね。

 

スーパーマーケットのワクワク創作

生活必需品を買うスーパーマーケット。必要最低限あればいいのかもしれないけれど、毎日の生活に必要な場所だから、どこのお店も、もっともっと楽しい工夫をしてくれると嬉しいな~。

お金をかけないで出来ることだって、本当にたくさんあると思います。

お客様に愛される姿勢を磨いていってほしいですね。


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。