料理がもっともっと楽しく上手に快適になるキッチンリフォーム

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%92

こんにちは、牧野直子です。

家の中で、家の作り方と生活の質とのコスパが大きいのって、絶対キッチンだと思うんですよね。

 

キッチンの良しあしは、生活の質に直結する

調理と食器洗いは、家事の中でも、ダントツで中核を担う。

洗濯物は何日かためてもいいけど、ご飯は毎日食べないといけないからね。

そして、動線の良さ悪さが、調理のしやすさに直結する。

動線が悪くてちょいイライラする家だったら、それが毎日積もり積もって、一年ではとても大きな時間のロスになるわけです。

だから、一番、キッチンの作り方は重要だと思います。

 

キッチンのよくある悩み

キッチンで、よくある悩みは、何かというと。。

 

食器が洗いにくい

収納スペースが少ない

調理器具の配置が悪く、料理がしにくい

 

といったことだそうです。

順番に考えて行こうと思います。

 

「食器が洗いにくい」を解消

キッチンのリフォームをする時、大きいシンクが注目されがちです。

大きいシンクはもちろん魅力的なんですけれど、シンクを優先させるあまり、作業スペースがあまりないものもあります。

そうなると、洗い場が大きくても、洗ったものを干す場所がしっかりなければ、効率はさがっちゃいますよね。一気に、洗えなくなります。

だから、食器を干す場所を十分に考えることが必要です。

 

「収納スペースが少ない」を解消

キッチンの収納では、食器や普段使う鍋やフライパンの収納はよく考えられている場合が多いんですが、忘れがちなのが、ホットプレートなどの家電類。

私は関西出身なので、たこ焼き機だってあるし、クレープ焼機もあります。そうなるとですね、普通のキッチンだとしまう場所がないんです。

料理に凝りだすと、鍋だってすき焼き鍋や、無水調理器、圧力鍋、、、とドンドンアイテムが増えてきます。

きちんと、そういった調理グッズを収納するスペースをあらかじめ考えておくことが必要です。

そういったものを収納するスペースがなく、離れたクローゼットにしまうことになったら、とても使いずらいですよ~。

あとは、調味料などのストック品。

うちは、夫が、スーパーの安売りが大好きなので、安い時に先を見越して、麺つゆやら、ごま油やら、ドレッシングやら買ってくるんですよね。そうなると、それらを収納する場所も必要。

収納に+αで欲しいのが、さまざまな分別用のゴミ箱。

生ごみ、プラスチック包装、ビン、缶、ペットボトル、、、。分類が多い地域は、それだけゴミ箱が必要です。その場所もきちんとスペースをとってあげましょう。

 

「調理器具の配置が悪く、料理がしにくい」を解消

キッチンの調理器具、冷蔵庫、洗い場、作業場の関係が、流れるように作業ができるかどうかのポイントになります。

キッチンを広く確保できたからといって、それぞれが離れて、作業効率が遅くなるような配置になってしまうと最悪。

広めにとれた場合でも、それらの配置は、料理の作業効率を考えて作る必要があります。

ある程度、片手を伸ばせば届くような距離に納めるのが、効率のよいキッチンの作り方です。

そして、キッチンの高さは、料理をする人の身長に合わせる必要があります。低すぎると腰を曲げる量が増えるため、腰痛の原因になるからです。また、高すぎると常に腕をあげていなければいけないため、肩こりの原因になります。

そのため、キッチンをリフォームする場合は、家族の中で一番炊事を行う方が使いやすい高さにするようにしましょう。

 

料理がもっともっと楽しく上手に快適になるキッチンリフォームまとめ

いかがでしたでしょうか?

一つ一つ要素を考えれば、使いやすいキッチンになると思います。どんな料理をするか、どんな頻度でするか、誰と作るかなど、考えて、使いやすいキッチンになるように考えてみてくださいね!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。