科学技術館で物理を学ぶ

buturi01

「君にも運べる」という滑車、てこ、ポンプ、チェーンなどを使って直径30cmほどもある鉄球をぐるぐる運ぶという装置。

5歳の息子は、これがドはまり。

自分でやったり、小学生のお兄ちゃんと協力したり、えんえん鉄球を運んでいました。

この中で、ルートが2つに分かれていて、1本は緩い坂に鉄球を登らせる、1本は急な坂に鉄球を登らせる、など選択ができるんです。

これはまさに物理の法則。

体験できるんですね。

「え~、急坂は上げるの大変だよ~!」と、いろいろ声掛けをしてみました。

たぶん、まだそんな難しいことはわからないけど、なんとなくイメージが伝わればOKです。

buturi01

遊びながら学べる科学技術館





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。