芸人先生ノンスタイル石田さんの授業「伝えるんじゃなく伝わるプレゼン」

20180625_234652-640x480

こんにちは、牧野直子です。

Eテレの芸人先生、面白いな。大好きで毎週 録画してみています。

ノンスタイル二人の個性

今回は、ノンスタイルの石田さんの授業。
石田さんは、プレゼン術 についての授業でした。

漫才は、伝わってないとお客さんから笑いが起こらない。だから、プレゼンと同じなんです。

人に伝える、人とコミュニケーションする。
そういったことを円滑にするのに、お笑いはとても参考になると思う。

だから、教育現場やビジネス現場にとても役立つと思うんです。

でも、芸人先生も、7月で終わりとかいう噂が。ほんとかな。もっと続いてほしい。
Eテレでやってる適度なまじめさがよかったんだけどね。

芸人先生の講義のスタイルは、メインの先生がいて、相方はサポートというスタイル、もしくは、2人で同時にしゃべるというスタイルが多かったのだけど、ノンスタイルは、ノンスタイルというだけあって、井上さん、石田さんと、それぞれメイン講師に。

それだけ、2人の個性がしっかりしてるってことやね。

伝えるんじゃなく、伝わるプレゼン

石田さんの授業。

社員の方のプレゼン動画のしゃべりを文字に起こし、それを切りまくる。

「7月25日に新発売される新商品ですが、販売スタートは7月25日からになります。」

突っ込ませてもらっていいですか?
「あたりまえや~~ん!!!」

とにかく、同じ情報を何度も繰り返し言いすぎとのこと。

漫才の台本のネタもそのまま文字おこしして、見せてくれました。

そして一字一句、どういう風に言ったほうが笑いがとれるのか、チェックしてるんだって。

それを見て、そこまでやるんだ!ってビックリしました。

コンビによって違うとは思うけれど、そうやって台本を一字一句吟味して、練習して練習してやってらっしゃるんですね。

普通にしゃべってるように見えて、すごい練習してる。これぞプロの技なんだと思います。

自分の言葉になってる?

そして、伝えるではなく伝わるプレゼンとは。

「自分の体験談をいれて、熱量を持って伝える」

先ほどの社員さんのプレゼンでは、まったく社外の人が台本を見て話しても同じプレゼンになる。

新商品のエビバーガーを店長さんに説明するのに、食べたことがあるのはあなただけなんだから、それを自分の言葉で表現しようよ!

ということ。

まさしくそうなんですよね。自分の体験談、自分の言葉が、説得力を持つんですから。

「伝えるんじゃなく伝わるプレゼン」

「伝えるんじゃなく伝わるプレゼン」まとめると、

重複する言葉は、そぎ落とし、伝えたいところは、自分の体験を交えて、熱量を持って伝える

でした。
SNSに投稿する文章なども、これを参考に変えていきたいと思います。





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。