ファンタスティックビーストのスーツケースに詰まったワクワクの世界観から

55918a9dffc62e1d07152e83c15e13be_s

こんにちは、牧野直子です。

ハリーポッターのスピンオフ、ファンタスティックビースト

今、ファンタスティックビースト、映画でやっていますよね!

私はハリーポッターシリーズは、原作も全部読んで、映画も全部見てるのですが、ファンタスティックビースト ~魔法使いの旅~をテレビで初めて見ました。

おそ!!(笑)

そしてまだ、~黒い魔法使いの誕生~は見ておりません。

でも先日、第一作の~魔法使いの旅~をTVで見たのですが、この世界素敵!!ってとても思ったことがありました。

それが、主人公 ニュート・スキャマンダーが持っていたスーツケース。

スーツケースにするするっと入っていくシーン

スーツケースの中に、するするっと自分も入っていくシーン。そこがとてもワクワクしました。

スーツケースの中は、ニュートの自宅、研究室さらには、魔法動物たちの放牧場が、広がっていました。めちゃくちゃ意外ですよね!

あの小さいスーツケースに、これだけの世界が広がっていたんだ!ということに、驚きとワクワクした気持ちでした。

 

スーツケースにはどんな魔法が?

さてさて、あれはいったいどういう設定なんだろうか。

ドラえもんのどこでもドアのように、別にある場所をつなぐワイプのトンネルなのか、それともスーツケースの中が巨大な4次元空間になっているのか。。

調べてみたら、「検知不可能拡大呪文」をスーツケースにかけているそう。

 

この検知不可能拡大呪文は、ハリーポッターの世界でも、何度か使われているらしく、ハーマイオニーが第7作、死の秘宝PART1で、ビーズのバッグに必要な道具を全部しまっていた、というシーンがありましたが、それがそうらしい。

他にも、第4作の炎のゴブレットで、クディッチの観戦のために、世界中の人たちがみんな野原にテントを張っていたのですが、テントを入ると、優雅な部屋が広がっていたのも、これと同じだそうです。

こんな細かい設定を守ってくれていて、面白いですよね。

 

ニュートのスーツケースの中に広がる夢の世界

さあ、このワクワク感、なんとかしたい。

魔法の世界だから、同じものは作れないけれども、そのドキドキ感、ワクワク感なら再現できないかな?

 

 

要素とは、

ドアを開けたら、別世界が広がっていた

家を移動できる

 

ということ。

 

移動できる家

移動できる家といれば、トレーラーハウスや、キャンピングカーでしょうか。

ちっちゃいちっちゃい家であるタイニーハウスもありあすね。

自分の家と一緒に、世界どこでも旅にいくことができるなんて、素敵です!

 

ドアを開けたら、別世界

それは、外観と内観の雰囲気をまったく変えるとか、ドアを普通より小さくしてみるとか、、。

隠し扉を作ってみるとか。

いろんな可能性が出てきます。

 

気持ちに素直に。感情を細分化

魔法の国の設定をそのままは、作れないけれど、こんな風に、状況や感情を細分化して、それを設計デザインの参考に取り入れることはできそうですね!

さらにワクワクする建築を作っていこうと思います!


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。