温かい手の温もりを感じるカフェの提案、3つのパターン

mani03s

こんにちは、牧野直子です。

昔、提案したカフェのデザインをご紹介したいと思います。

店舗内装の工務店さんからのご紹介でした。

温かい母の手のぬくもりを感じられるように考えています。

3パターン提案しました。

その当時ですね。。簡単に3パターン提案してください。。って言われたのですが、これが一筋縄ではいかず。

これ当時全部、下絵を手描きスケッチで描いて、素材をデジタルで取り込んで、絵を作っていきました。

結構、この作業が大変なんですよね。

一つ一つ切り貼りしていくんですよ。

ほんとに、頭でイメージしたら、そのままボン!ってCGが出来上がる機械が出てほしいものです(笑)

結局、これだけ苦労して提案させていただいたのですが、この計画自体が流れてしまったようで、お蔵入りになってしまいました。

私へ直接ではなく、工務店さんへの依頼だったので、私から自由に提案できなかったので、泣く泣く涙をのみました。工務店さんからは、申し訳ないと心ばかりの謝礼をいただいたのですが。。提案は無料というように思う風潮はなくしたいものです。

そんな苦い過去のある提案ですが、もうかなり昔ですし、誰の目にもふれず、お蔵入りにするのももったいないので、ブログで紹介させていただくことにしました。

みなさんは、3つのパターン、どれが好みですか??

 

カフェ A

mani01s

【ポップな家具と壁】

 

こちらは、椅子やテーブルをポップでかわいらしい感じにして、背景をそれが引き立つように同系色でまとめています。

オレンジや赤、黄色のストライプの壁がアクセントになっていますね。

 

カフェB

mani02s

【壁と天井が印象的】

こちらは、正面の壁がアイストップになるように、インパクトのある花の絵を奥においてみました。

黄色い壁は、間接照明にして、ラインのアクセントにして、天井の照明ボックスを赤に塗ってみました。販売エリアは、シルバーを基調にした落ち着いたトーンです。

 

カフェC

mani03s

【曲線の木目壁が印象的】

こちらはちょっとシックに、木製の曲線の壁で、内装デザインを構成しました。

やはり赤がアクセントになっていて、照明が赤いシャンデリアです。木の壁は意外は、あまり主張せず暖色系で相性のよいカラーでまとめました。

 

まとめ

今見ても、そんなに悪くないんじゃないかな~~っていう自己満足(笑)

何か次につながれば、いいな~。

今日は、そんなブログでした。

 


お客様がファンになる!お店インテリア診断


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。