自分の商品が好きじゃなかったら、売れないよね。

20170730_164204-640x480

こんにちは、牧野直子です!

 

夏休みの過剰スケジュールがひどくて、久しぶりのブログになってしまいました。

 

ちょっとまたここから、いつもの日常なので、がんばります。

 

「自分の商品が好きじゃなかったら売れないよね。」

 

私が大好きなエクスマでも、何度も聞いた言葉。そんなの当たり前じゃん!って思ってた。

 

どうして自分のことは棚にあげるんだろうね。

ついこの前まで私、デザインに力はないと思っていました。だからデザイン以外にことに力を入れていたのかもしれない。

 

でも、昔はデザインや建築のことがめちゃくちゃ好きだったんですよ。

 

でも、自分で事務所をして現実を見ていくなかで、いくら売れるデザインを考えたって、つぶれる時はつぶれるし。デザインだけじゃ売れるようにならない、経営者の意識が変わらないと意味がない。

 

そして、クライアントの意向無視の、自分のデザインを押し付ける建築家をたくさん見てきたからこそ、デザインって何?って批判的に見るようになったのかもしれない。

自分が信じていないんだったら、お客さんはどうして信じるんだろう。

 

いったん外から見てみると価値に気づく

でもね、建築に失望して、いったん離れて外から見たときに、ちょっと待って。

やっぱり、面白いかもと最近思ってきている。

 

それが。 「行動を変えるデザイン」

 

シェルターとして雨風さえよけれればいいという家から、快適な家、インテリアが素敵な家、いろいろあっていろいろ進化してるけど、その程度のデザインならよくありがち。

 

それだけじゃなく、確実に人の行動を変えるデザインが世の中にはある。

これを探したり、発見できると面白い。

 

かっこいいでしょ程度のデザインとは、はるかに次元が違う可能性をみました。

 

 

いろんな出来事で、自信がなくなりつつあった「商品の価値」。

その素晴らしい底力を感じ、デザインの力を信じることが必要。

 

これは素晴らしい、広めるべきだ、心の底からその商品は素晴らしい、と思ってこそ売り手。

 

もう一度、チャレンジしてみようと思います。

 

みなさんは、いかがですか?

ご自身の商品は大好きですか?

 

 

 

 







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。