ダイエット、禁煙、勉強、やらねばならないことを習慣にするには

20170430_640

こんにちは、牧野直子です!

しょこいくモールの活動をしているとき、予防医学や統合医療を広めたい、という先生方にたくさんお会いし、どうやれば広がるか、といったお悩みを数多くうかがいました。

そのうちのひとつの方法として、こうなんじゃないか、と私が思ったのが

「習慣」にすることでした。

習慣になると受け継がれる

習慣、つまり、

それが当たり前として育った子は、大人になってもそれを当たり前として行う

ということ。

 

でも習慣づけるのってどうするの?

これが大事だってわかってはいるんだけど、なかなか出来ないってこと、ないですか?

ダイエット、食生活、禁煙、時間管理、、、

まったくバラバラのジャンルだけど、みんな同じ構造なんですよね。

わかってるけど、続かない。

オーマイガー

 

優先順位の低さ

予防医学の話でいうと、病気になってないあいだは、健康になるための心がけは、優先順位が低いのです。

病気になって初めて、なんとかしなきゃっていう危機感がつのり、優先順位があがる。

だから問題がわかっていないときには、なかなか行動ができないんですね。

 

私の場合は、ブログ

って、おい。このブログですか。

ブログを書くことって大切だとはわかってるけど、本業(設計の仕事)が忙しいと、そちらばかりになってしまう。

子育てもしてるから、それ以外に、ほとんど時間はとれない。

この前の仕事なんて、クリスマスと正月返上、毎日睡眠3時間、、ていう世界でしたから~~!!残念!

こんな業界じゃ、コンスタントに続けるのは難しいでしょ、そうでしょ、そうでしょ!

自分の仕事が忙しいときと時間があるときと差がありすぎるから、そのせいにいつもしてしまいます。

あっ、予防医学と同じだ~~

 

 

当たり前として続けてこられたこと

でも、反対に、もう当然のごとく続けてきたことってありますよね。

朝起きて、トイレに行く

お風呂に入る、寝る前にハミガキをする、など。

これらは当たりまえとしてできている。

 

なぜなら、

習慣だから

 

避けられない環境を作る

では、どうやって、ハミガキのような習慣を作るか

私の場合、子供部屋を作ったため、子供たちが寝ているあいだ、同室にある事務所で、作業が出来なくなりました。

その間は、ダイニングで出来ることをするしかないのです。

だから、子供が寝ている間は、ブログを書く時間にしよう!と決めた。

 

私の場合はそうですが、みなさんはどうでしょう。

他にも避けられない環境は、いろいろ作ることができると思います。

どうしてもウソをつけない人に、続けることを宣言するとか

仲間どおしで見張りあうとか、

どう環境設定するかですね。
 

子供の勉強も、習慣になっちゃったらラク

私は子供たちに英語の通信教育をやらせているのですが、娘が3歳、息子が1歳のときからのスタート。

そしてそのカリキュラムで、週1回、外国人の先生に英語で電話をすることになってるんです。

最初は、やだ~、やんない!と言われ続け、なかなか思うようにできませんでした。

そんなにイヤなら無理矢理させるのも逆効果だと想い、ある時期は完全に離れていたこともありました。

でも、あら不思議。

あるときから、イヤだといわなくなり、自分が先にやりたいとか言い出すようになったんです。

いつの間にか、「火曜日は電話の日」という習慣になったようです。

 

習慣になるまでの最初がツライが、乗り越えれば楽

 

習慣にするには、最初の壁がとても高いけれど、クリアできたら楽。

どうしてもそれを避けられない状況に自分を追い込んでみる。

そのためにも環境設定は重要なファクター。

 

と、いう感じでした。チャンチャン。

 

 







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。